モスラ(1996)

平成「モスラ」シリーズ第1作

原題:モスラ
製作:日本(1996年)
日本公開日:1996年12月14日
上映時間:106分
製作会社:
配給:東宝
製作費:
興行収入:11億円
次作:『モスラ2 海底の大決戦

★【あらすじ】
長い封印を解かれ現代に甦った悪魔の怪獣デスギドラと戦うモスラたちの活躍を描いた怪獣パニック映画で平成「モスラ」シリーズの第1作。北海道・紋別の工事現場で巨大な化石が発見された。現場監督の後藤裕一は、化石についていた紋章を娘・若葉の土産にと持ち帰った。ところが、それは大昔、妖精のエリアスたちが宇宙怪獣デスギドラを閉じこめた封印だったのだ。封印が解かれたことを知ったインファント島のモルとロラは、デスギドラ復活を妨ごうと日本へ向かう。しかし、デスギドラを倒す為にエリアスはモスラを召喚したものの、モスラは卵を産んだ後で、寿命も長くなかったため、デスギドラとの決戦はかなり苦戦を強いられる。デスギドラを挑発し、ダムを破壊させて、向こう岸まで追い遣る事に成功するが、親モスラは遂に力尽き、海底に沈む。残されたのは子どもの幼虫モスラのみだった…。

★【スタッフ】
監督:米田興弘
脚本:末谷真澄
撮影:関口芳則
音楽:渡辺俊幸

★【キャスト】
小林恵(モル)、山口紗弥加(ロラ)、羽野晶紀(ベルベラ)、梨本謙次郎、高橋ひとみ、寺尾聰、萩原流行、田中広子、二見一樹(後藤大樹)、藤沢麻弥(後藤若葉)、須藤真里子、荒川強啓

【無料動画】


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】【フル動画を探す】

RAK1【more】
RAK2【airw.net(動画)
VOD3【U-NEXT
VOD4【dTV
VOD5【Hulu
VOD6【TSUTAYATV
VOD7【au-Video


映画動画紹介ブログ村

[PR] 動画配信サービスを試してみませんか

    ●人気急上昇中の動画配信サービス(VOD)!

  • 「見たい作品がある。または過去作や関連作を合わせて鑑賞したい。でも可能な限りお得に見たい。できればタダで…」そんなときに皆が利用しているのが動画配信サービスです。今では6人に1人が動画配信サービスを利用した経験があるという調査もあります。
  • 基本的に有料ですが、お試し期間中はさまざまな作品の映画動画を無料で視聴可能。もちろん期間内に解約すればお金はかかりません。作品の配信は場合によっては期間限定なので登録はお早めに!
    ●どの動画配信サービス(VOD)で見れるの?

  • 「動画配信サービスが便利なのはわかったけど、どの映画がどのサービスで見られるのかわからない…」そんなときは「フリムビ2」でチェックしましょう。
  • 以下に紹介されている動画配信サービスで視聴できる可能性が大。「VOD」と書かれたリンクから公式サイトに移動して実際の作品配信状況を確認しましょう。
▼auビデオパス(30日間無料お試し)
話題の映画・ドラマ・アニメが大量に見放題! 540円相当のビデオコインもゲットできます。
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
映画配信サービス比較 Au
▼ビデオマーケット(1か月無料お試し)
オフィシャルでレンタル店より早く新作映画を楽しもう! 公式のセル・レンタル同時配信をいち早く確認しよう。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Videomarket
▼Amazonビデオ(30日間無料お試し)
豊富なコンテンツを4K Ultra HD画質でも再生可能!アマゾンの他のサービスも利用できてお得です。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Amazon

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

映画フリー (2016年1月18日) 
平成モスラシリーズとして作られた第一作。モスラを主人公にいかにしてファミリー映画として生まれ変わらせるか、制作陣も相当考えたに違いない。そのかいあってか、ファンタジーとアドベンチャーが上手く融合した、子ども向け大作として申し分ないつくりになっている。もともとモスラはこういう味付けと相性がいいので、綺麗にハマったのだろう。デスギドラのデザインなど、男の子受けもいいし、モスラは可愛くなったので女の子受けもする。
BILIBILI (2016年1月19日) 
「自然を大事にしよう!」というメッセージ性が非常に強く、シリーズを通して環境保護思想が中心にあります。公開当時はそういう自然環境破壊がクローズアップされていたので、このアレンジも当然でしょうかね。ただ、モスラ自体の正義のヒーロー化は大変だなとも思いました。なにせただの大きい蛾ですから。どうやっても代り映えしないし…とか思っていたら、まさかの続編での進化です。モスラって何でもできるんだなと思ったシリーズです。
PARAVI (2017年1月23日) 
「シン・ゴジラ」があるなら「シン・モスラ」もあるべきだというのが私の言い分。ゴジラシリーズとは切り離されているこの新生モスラ・シリーズは、これまでのゴジラ作品を一切知らない人でも楽しめるように設計されており、話も単純。皆で悪い怪獣をやっつけようというもの。緑を基調としたカラーリングに精悍な顔つきになったモスラのイケメン化といい、一般受けを狙いすぎな面もあるが、これで作品を作ってくれるならバンバンやってほしい。

★【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合は、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする(感想コメントはこちらまで)

フォローする(最新更新情報をチェック)