ノア 約束の舟

動画『ノア 約束の舟』を無料視聴

ノアの箱舟伝説を描くスペクタクル巨編

原題:Noah
製作:アメリカ(2014年)
日本公開日:2014年6月13日
上映時間:138分
製作会社:Regency Enterprises
配給:パラマウント映画
製作費:
興行収入:

★【評価】
76% Rotten Tomatoes

★【あらすじ】
ダーレン・アロノフスキー監督が、ラッセル・クロウを主演に「ノアの方舟伝説」を壮大なスケールで描くスペクタクル歴史ドラマ。ある夜に見た夢で、世界が大洪水に飲まれ滅びるということを知ったノアは、強い使命感に突き動かされ、家族とともに罪のない動物たちを救うため巨大な箱舟を作り始める。ノアの父を殺した宿敵ルバル・カインは、ノアから力づくで箱舟を奪おうとするが、争いの最中に大洪水が始まってしまう。箱舟はノアの家族と動物たちをのせて流され、閉ざされた舟の中でノアは神に託された驚くべき使命を打ち明ける。

★【スタッフ】
監督:ダーレン・アロノフスキー
脚本:ダーレン・アロノフスキー、アリ・ハンデル
撮影:マシュー・リバティーク
音楽:クリント・マンセル

★【キャスト】
ラッセル・クロウ、ジェニファー・コネリー、レイ・ウィンストン、エマ・ワトソン、アンソニー・ホプキンス、ローガン・ラーマン、ダグラス・ブース、ケヴィン・デュランド、マーク・マーゴリス、ダコタ・ゴヨ

【動画】

『ノア 約束の舟』予告編

『ノア 約束の舟』予告編

(C)2014 Paramount Pictures. All Rights Reserved.


▼動画リンク▼

【映画を見る】【動画を見る】

【toremaga(動画)】
airw.net(動画)
U-NEXT
dTV
Hulu
TSUTAYATV


映画動画紹介ブログ村

[PR] 動画配信サービスを試してみませんか
お試し期間中はさまざまな作品を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。作品の配信は期間限定なので登録はお早めに!
▼U-NEXT(31日間無料お試し)
関連作や原作をオンラインでたっぷり楽しみ、作品をさらに満喫! ダウンロード視聴すれば、ネット環境の弱い場所でも気軽に鑑賞!
▽今すぐ見る
映画配信サービス比較 U-NEXT
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料お試し)
好きなタイミングで自由自在にレンタルもできる! DVDやブルーレイと同じハイ・クオリティの映像を家でのんびりチェック。
▽今すぐ見る
映画配信サービス比較 TSUTAYA
▼dTV(31日間無料お試し)
DOCOMOだから安心。原作漫画なども合わせて楽しめる! 通勤中や移動中でも通信量を気にしなくてもOK。
▽今すぐ見る
映画配信サービス比較 dTV
▼auビデオパス(30日間無料お試し)
話題の映画・ドラマ・アニメが大量に見放題! 540円相当のビデオコインもゲットできます。
▽今すぐ見る
映画配信サービス比較 Au
▼ビデオマーケット(1か月無料お試し)
オフィシャルでレンタル店より早く新作映画を楽しもう! 公式のセル・レンタル同時配信をいち早く確認しよう。
▽今すぐ見る
映画配信サービス比較 Videomarket
▼Amazonビデオ(30日間無料お試し)
豊富なコンテンツを4K Ultra HD画質でも再生可能!アマゾンの他のサービスも利用できてお得です。
▽今すぐ見る
映画配信サービス比較 Amazon

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

映画FUN (2016年1月16日) star_5
聖書を基にしてるせいか、ストーリーも抽象的というか寓話的というか、わかりにくい。登場人物たちがあえてのキャラ性を排除しているようなつくりは独特で、スペクタクルな大作という期待は無駄に終わるかもしれない。箱舟は日本人でも知っている話なので、そこが救いであるが、おそらくイメージをぶち壊すだけのパワーはあるはず。宗教的なテーマを得意とするダーレン・アロノフスキー監督のぶれない作家性がここでも目立っている。
OPENLOAD (2016年2月17日) star_5
キリスト教における聖書では数ページで終わるノアの方舟ですが、映画的な映像にすると迫力がある良いストーリーです。宗教を信じる人たちからは、宗派によって支持されたり、批判されたりした議論を巻き起こした映画みたいですが、無宗教には無縁の話。ラッセル・クロウがただの頑固おやじに見えてしまったことばかりが気になり、わりと信仰について考える雰囲気ではなかったのが原因なのかもしれない。やっぱり顔が濃いですからね…。
STREAMANGO (2018年4月18日) star_5
「ブラック・スワン」のダーレン・アレノスキー監督、これまたクセの強い映画を作ったな…。誰しも自分は正しいと思ってる。その正義は本当に正しいですか?と訴えてるような観る者の胸にグサリと響く映画で、信仰を揺さぶる。「マザー!」といい、ここまでキリスト教徒の神経を逆なでする映画ばかりを作る度胸が凄いし、もうこの調子でいきつくところまで行けばいいと思う。まさに宗教へのカウンター映画の先駆者として記録には残るはず。

★【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合も、ブックマークするなどして、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする

フォローする(最新更新情報をチェック)