レスラー

動画『レスラー』を無料視聴

その男の生きざまに涙する

原題:The Wrestler
製作:アメリカ・フランス(2008年)
日本公開日:2009年6月13日
上映時間:109分
製作会社:
配給:
製作費:
興行収入:

【評価・受賞】
 Resurâ
(2008) on IMDb
98% Rotten Tomatoes – The Wrestler

【あらすじ】
自らの生き様を貫き通す中年プロレスラー役がミッキー・ロークのはまり役となり、数々の映画賞に輝いたエネルギッシュで感動的な人間ドラマ。人気レスラーだったランディも、今ではスーパーでアルバイトをしながらかろうじてプロレスを続けている。そんなある日、長年に渡るステロイド使用がたたりランディは心臓発作を起こしてしまう。妻と離婚し娘とも疎遠なランディは、「命が惜しければリングには立つな」と医者に忠告されるが…。

【スタッフ】
監督:ダーレン・アロノフスキー
脚本:ロバート・D・シーゲル
撮影:マリス・アルベルチ
音楽:クリント・マンセル

【キャスト】
ミッキー・ローク、マリサ・トメイ、エバン・レイチェル・ウッド、マーク・マーゴリス、トッド・バリー

【動画】


▼動画リンク▼

映画を見る】【動画を見る

airw.net(動画)
toremaga(動画)
U-NEXT
dTV
Hulu
TSUTAYATV
au-Video
Nicovideo


▼作品をより深く知る▼

【感想・批評】

名無しさん(2010年8月10日) star_5
プロレスラーの題材は難しくて、普通に格好よく描こうとするには今のプロレスのポジションからいって嘘臭くなってしまうので設定が凄い重要になってくる。この映画は、過去にスターだった選手を主人公にすることで「プロレス」に対する世間の人がイメージしているものと、物語としてのリアリティの「納得」を一瞬で表現してしまった。ミッキー・ロークも 自分の半生と重ねあわせた演技で物語の説得力を増している。過去の過ちに謝罪の念を持ちつつ生活している人も「ある程度済んだら前に進んでもいいんだからね」というメッセージも含んでいるのが勇気付けられる。
名無しさん(2011年4月20日) star_5
人生、やり直すのに遅すぎることなんてない、そんなテーマを描いた作品だと思います。初めてミッキーローク主演の映画を見ましたが、なんとも言えないラストでしたね…。ただすごく素晴らしい映画でした!男が泣ける映画といいますかこれは男が見るべき映画です!彼にもう失うものは無かった。ホントにプロレスしかなかった。最後の試合のシーンでは彼が、リングの上が俺の居場所だ!相手のレスラーは兄弟だ!観客のみんなは家族だ!この会場こそ俺の家だ!と言っているような気がしました。人生ベストの映画です。

にほんブログ村 動画紹介ブログ 映画動画へ

FC2Rank



[PR] 動画配信サービスを試してみませんか
※お試し期間中はさまざまな作品を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。

  • U-NEXT
映画配信サービス比較 U-NEXT

  • TSUTAYA DISCAS/TV
映画配信サービス比較 TSUTAYA

  • dTV
映画配信サービス比較 dTV

  • Hulu
映画配信サービス比較 Hulu


【サイト利用上の注意】
  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合も、ブックマークするなどして、コンテンツ更新をお待ちください。