ディセンバー・ボーイズ

12月の少年だった君を一生忘れない

原題:December Boys
製作:アメリカ(2007年)
日本公開日:2007年12月1日
上映時間:105分
製作会社:
配給:ワーナー・ブラザース
製作費:
興行収入:

★【評価】
Rotten Tomatoes 41%

1960年代のオーストラリア。孤児院で育てられたマップス、スパーク、ミスティー、スピットの4人は、いつか優しい家族に引き取られることを夢見ていた。12月の夏休みを海辺の村で過ごすことを許された4人は、そこで子供のいない夫婦と親しくなる。少年たちは夫婦が4人の内の1人を養子に迎えようと考えていることを知り、彼らの気を引こうと躍起になるが…。

★【スタッフ】
監督:ロッド・ハーディ
脚本:マーク・ローゼンバーグ
撮影:デビッド・コネル

★【キャスト】
ダニエル・ラドクリフ、クリスチャン・バイヤーズ、リー・コーミー、ジェームズ・フレイザー、サリバン・ステイプルトン、クリス・マッケイド、フランク・ギャラチャー、ラルフ・コトリール

【無料動画】

ディセンバー・ボーイズ(字幕版)(プレビュー)

ディセンバー・ボーイズ(字幕版)(プレビュー)


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

映画フリー (2016年1月7日) 
60年代のオーストラリアを舞台に孤児院で育てられた少年が海辺の町で過ごすかけがえのない日々を綴った青春映画。ダニエルの単独作品としては当時は魔法学校に通っていたのでこの時期は珍しい。実際に、撮影は強行スケジュールで一瞬で撮ったみたいですが。殻を破り外の世界を夢見る雰囲気は寓話的なエッセンスを織り込み、清涼感がある。おそらくダニエルもこういう映画に出れて大きな気分転換になったのではないだろうか。
OPENLOAD (2016年3月8日) 
舞台は12月、真夏のオーストラリア。12月生まれの4人の少年は孤児院の院長からプレゼントとして、夏の休暇を海辺の村で自由に過ごすことになる。4人の少年、ひと夏の物語という点でどことなく「スタンド・バイ・ミー」のような雰囲気もあるのですが、雰囲気はかなり違います。いつかは優しい家族に引き取られたい、両親がほしいと夢見る3人をよそ目に、マップスは村で出会った女の子に恋をする。それぞれが未来に踏み出していくのがいい。
海外コメント (2016年3月12日) 
この映画は最初から最後まで大好きだった。それは成長の素晴らしい物語であり、記憶が遠く離れているので、すべてが人生よりはるかに魔法的で大きく見える。私たちが幼少時代を振り返って大人になった時には本当にそうです。ダニエルは、非常に落ち着いたキャラクターを演じ、彼は大人としてビジネスに続ける才能を持っていることを示しています。他の3人の男の子は良い発見であり、私は将来彼らの多くを見ることができると確信しています。
海外コメント (2016年4月15日) 
兄弟愛、愛情、そして友情についてのすべてのものの成長の話です。物語は感動しており、風景は素晴らしいです。ムービー内のすべての俳優が彼らの一部を見せるだけでなく、変化のために信じられます。ラドクリフは、間違いなく長く成功したキャリアへと向かいつつある。彼は主人公ではありませんが、彼がいなくてもオーストラリア外の日の光を見たことはないでしょう。彼のパフォーマンスは素晴らしいと思ったし、今後もずっとみたいと思う。