人生は小説よりも奇なり

高い評価を受けたインディペンデント映画

原題:Love Is Strange
製作:アメリカ(2014年)
日本公開日:2016年3月12日
上映時間:95分
製作会社:
配給:コムストック・グループ、クロックワークス
製作費:
興行収入:

念願の同性婚を果たしたカップルの悲喜こもごもを描いたドラマ。ニューヨーク、マンハッタンに暮らす画家のベンと音楽教師のジョージは、39年間連れ添ってきた同性カップル。2011年、ニューヨーク州で同性婚が可能になったことで、念願かなって入籍した2人だったが、まだまだ周囲の差別や偏見は根強く、ジョージは仕事をクビになってしまう。その後も保険や年金、不動産などで次々と問題が押し寄せ、2人は新婚早々、長年暮らしていたアパートを離れ、別居しなければならなくなってしまい…。

★【スタッフ】
監督:アイラ・サックス
脚本:アイラ・サックス、マウリシオ・ザカリーアス
撮影:クリストス・ブードリス

★【キャスト】
ジョン・リスゴー、アルフレッド・モリーナ、マリサ・トメイ、ダーレン・バロウズ、シャイアン・ジャクソン、チャーリー・ターハン、クリスチャン・コールソン、ハリエット・サンソム・ハリス、ジョン・カラム、マニー・ペレス、マイケル・J・バーグ、クリスティナ・カーク、アンドリュー・ホークス

【無料動画】

「人生は小説よりも奇なり」予告編

「人生は小説よりも奇なり」予告編

© Courtesy of Sundance Institute


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

映画FUN (2016年4月7日) 
ゲイの映画は不必要に濃厚なことがあるけど、これはとても温かくて優しくて、自然なきれいさを感じる映画だった。主演二人の素晴らしく自然な演技に、虚無や物悲しさ・儚さといった普段目に見えないものを感情の機微に寄り添いながら映像に落とし込むような空気感がすっかり気に入ってしまった。シンプルだけど明確な答えのない愛の問答、時が流れていく。淡々とした語り口が静かに私の心に答えを紡いでいくような感覚は心地よいのでした。
OPENLOAD (2016年4月9日) 
長年連れ添った夫婦のような余裕ある愛と世間の世知辛さをしんみり感じさせるおやじカップルを静かに描くという異色作。でも、違和感はない。とてもナチュラルなのだ。人間の数だけ愛の形はあるのでたとえそれがどんなスタイルでも受け入れることは、少なくとも私にはできる。でも感覚の共有という点では難しい。それをこの映画はなんなく成功させてしまう。この魔法のような奇妙な出来事を成し遂げてしまうこの二人はやはりストレンジだった。
DAILYMOTION (2016年4月10日) 
同性愛者をテーマとして描かれている作品は昨今は多いですし、何度か視聴しましたが、この作品は中でも一番リアルに描かれているように思います。同性愛は素晴らしいものだと押し付けがましく偉そうに語っているものでもないし、それ自体を特別に美しいものと語っている訳でもない。あくまでこの世界の中にある当たり前の愛のひとつとして描くという視点。なんてことはない関係性なのだという、ぶっきらぼうな態度が逆に魅力になってしまうのです。