スペース・トレイターズ 宇宙逃亡者

遥かなる大宇宙へ逃亡した

エリートパイロットの惑星間逃亡劇を描いたSFアクション。はるか未来。腐敗した地球連邦と暴虐的な宇宙国家テレノストラ、2つの帝国が戦争を繰り広げ銀河系は荒廃した世界となっていた。テレノストラに属する最強の宇宙船スターシップ・ワンの船長ジョン・ワーシー大尉は長引く戦争に疑問を感じ始め、ある時、命令に背き上官を殺害してしまう。戦争を終わらせるべく両国に働きかけを図るワーシーであったが、危険人物と見なされ双方から追われる身となる。幾多の逃亡戦を経て、ワーシーは地下レジスタンスと仲間になる。高性能な船とロボット部隊を委ねられ、地球連邦とテレノストラに戦いを挑んでいくのだったが…。

原題:Starship The Coming Darkness / 製作:アメリカ(2014年) / 日本公開日:2014年5月(DVDスルー) / 上映時間:90分 / 製作会社: / 配給:

★【スタッフ】
監督:ニール・ジョンソン
脚本:ニール・ジョンソン
撮影:カイル・ライト
音楽:シャルル・アンリ・アヴェランジェ

★【キャスト】
ダーレン・ジェイコブス、エミィ、ブルック・ルイス、クラウディア・ウェルズ、E・J・デ・ラ・ペーニャ、マリリン・ギリオッティ

【無料動画】

Starship Rising Trailer Official HD

Starship Rising Trailer Official HD


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
Video3【U-NEXT
Video4【Hulu
Video5【TSUTAYATV
Video6【Videomarket
【Gyao】


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

名無しさん(2014年6月4日) 
原題は「Starship The Coming Darkness」だが邦題はなぜか「スペース・トレイターズ」となっています。ちなみに「Starship: Apocalypse」という続編もあります。ちなみにどちらもものすごく評価は低く、海外でも批評はどん底。というか、本作にいたってはデータベースに登録もないんじゃないかというくらいです。だから過度な期待をしてはいけないことは馬鹿でもわかること。つまり、この映画を観るべき人間はクソ映画をあえて食らいついて悶絶したい変わり者だけです。そういう意味ではこのSF映画は試食する価値あるかもですよ。
名無しさん(2014年9月16日) 
プロットは、他の映画から取った作品のミシュモッシュです。黒い衣服の邪悪な皇帝は、悪意のあるウィルスに感染させることによって誰もが無意味なゾンビに変身させたいと思っています。もちろん、高貴な反乱同盟は彼を止めようとします。プロダクションの価値は、スターファンのビデオが緑色の画面とCGIをほとんど使わずに作ったものであることを私に思い出させます。小道具や衣装は十分です。演技はほとんど恒星ではなかった。彼らの失敗は混乱し、混乱したスクリプトです。著者が明確かつ想像力豊かなビジョンを持っていれば。残念ながら、映画全体はむしろ、冒頭の星による混乱したヘミングと揺らめく反射に似ていました。それは本当に何も言わずに混乱した。私はこの映画を3と評価しました。私はサイエンスフィクションが好きなので別のジャンルだったというよりも、それが理想的な点としてSF映画であると評価します。