デタッチメント 優しい無関心

アメリカの教育問題にせまる

原題:Detachment
製作:アメリカ(2011年)
日本公開日:2013年4月(DVDスルー)
上映時間:97分
製作会社:
配給:
製作費:
興行収入:

「戦場のピアニスト」でアカデミー主演男優賞を受賞したエイドリアン・ブロディを主演に迎え、荒廃した高校にやってきた臨時教員の目から、絶望と希望を描くヒューマン・ドラマ。ヘンリー・バースは、学校から学校を渡り歩く国語の代用教員。一校の在勤期間はせいぜい数週間、生徒や同僚教師たちと濃密な関係を築くことはできない。子供時代の忌まわしい記憶を抱えたヘンリーは、そうした孤立した生き方をむしろ居心地よく感じていた。だが、新たに赴任した崩壊寸前の高校で、いじめにあっている女生徒、問題をかかえた美人教師、そして売春をする家出少女らの人生といやおうなく繋がりを持ち始めたことで何かが変わろうとする…。

★【スタッフ】
監督:トニー・ケイ
脚本:カール・ルンド
撮影:トニー・ケイ
音楽:ザ・ニュートン・ブラザーズ

★【キャスト】
エイドリアン・ブロディ、クリスティーナ・ヘンドリックス、ルーシー・リュー、マーシャ・ゲイ・ハーデン、ジェームズ・カーン、ブライス・ダナー、ティム・ブレイク・ネルソン、ブライアン・クランストン、イザイア・ウィットロック・Jr

【無料動画】

Detachment Trailer Official 2012 [HD] – Adrien Brody, Christina Hendricks

Detachment Trailer Official 2012 [HD] - Adrien Brody, Christina Hendricks


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket
【Gyao】


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

映画フリー (2016年1月4日) 
学校社会の闇にスポットをあてた社会派作品。こういう学校の問題はどこの国でもあることがわかります。生徒も教師も、そしてその家族たちもみんな個別に闇を抱えていて終始、どんよりと陰鬱な雰囲気が付きまとう。生々しく教育現場が描かれていて、日本の教育関係者も観ていると他人事ではなくなってくると思います。どれも一筋縄では解決できない問題であるゆえに簡単に解決策は提示されませんが、考えなければならないことなのは間違いないです。
OPENLOAD (2016年1月11日) 
エイドリアン・ブロディを見たくて視聴しましたが、何とも言えない神妙な気持ちにさせられる映画でした。心がザワザワするというか、悲しい無力感にどうしようもなくなるというか。私はろくな人間じゃないし、人に教示することができる存在とは程遠いですが、誰もが通ったことがある学校というステージで起こっている問題は、無視できません。壊れていく教師たちの姿がリアルで、人間味があって、さらに感情を預けて見てしまうのでした。
SPACEMOV (2016年1月12日) 
年々教師に求められる事が多くなって大変だなとニュースを見ていて思うのですが、この映画でさらに考え込んでしまいました。夢は先生になることですなんて思っている人は観ないほうがいいかもしれない。でも、教師になれば経験することなので、やっぱり観た方がいいのか。悩むところです。ヘンリーの授業シーンはもちろん、名言、名台詞の多い、生きるヒントに溢れた、これ自体が教材になるような作品なので、視聴を検討する価値はあります。