太陽の下で 真実の北朝鮮

動画『太陽の下で 真実の北朝鮮』を無料視聴

原題:V paprscich slunce
製作:チェコ・ロシア・ドイツ・ラトビア・北朝鮮(2015年)
日本公開日:2017年1月21日
上映時間:110分
製作会社:
配給:ハーク
製作費:
興行収入:

【評価・受賞】
Rotten Tomatoes ??%
映画.com 2.9 / 5.0
Yahoo!映画 3.88 / 5.00
Filmarks 3.3 / 5.0

【あらすじ】
北朝鮮政府によって演出された「庶民の日常生活」の裏側を暴き、当局による検閲を受ける前にフィルムを外部へ持ち出すなど、さまざまな危険を冒して完成したドキュメンタリー。模範労働者の両親とともに平壌で暮らす8才のジンミ一家を通し、ロシアの撮影スタッフが庶民の日常を切り取るドキュメンタリー撮影のはずが、北朝鮮側の監督のOKが出るまで一家は繰り返し演技を強いられた。高級な住まい、親の職業、クラスメイトとジンミの会話、そのすべてが理想の家族のイメージを作り上げるために北朝鮮政府が仕組んだシナリオだったのだ。スタッフは、「真実を暴く」ことに撮影の目的を切りかえ、カメラの録画スイッチを入れたまま、隠し撮りを敢行する。

【スタッフ】
監督:ビタリー・マンスキー
脚本:ビタリー・マンスキー
撮影:アレクサンドラ・イバノバ
音楽:カルリス・アウザンス

【キャスト】
リ・ジンミ

【インタビュー】
・ビタリー・マンスキー監督「私はロシアではなくラトビア共和国にすんでいるのですが、北朝鮮側は私がロシア在住ではないので制裁できないことを知り、私に直接連絡し、対話をはかろうとしてきたようです。手紙の内容は、私が日米の手先のスパイで人類のクソであるといったことが厳しい調子で書かれていました。その後は一転、“あなたが懐かしい、平壌にきて私たちと会いましょう、この先のプランを話し合うのは重要”といった手紙をもらいました」

【感想・批評】

【雑学(トリビア)】
・撮影前の交渉で条件などの段階ですら合意するのに2年を要している。
・北朝鮮からの要請によりロシア政府はモスクワ・ドキュメンタリー映画祭の会長を務めるビタリー・マンスキー監督への非難声明と上映禁止を発表したものの、韓国、アメリカ、ドイツなど20都市以上で上映された。

【動画】

映画を見る】【動画を見る

airw.net(動画)
toremaga(動画)
Video3【U-NEXT
Video4【dTV
Video5【Hulu
Video6【TSUTAYATV
au-Video

にほんブログ村 動画紹介ブログ 映画動画へ

FC2Rank



[PR] 動画配信サービスを試してみませんか
※お試し期間中はさまざまな作品を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。

  • U-NEXT
映画配信サービス比較 U-NEXT

  • TSUTAYA DISCAS/TV
映画配信サービス比較 TSUTAYA

  • dTV
映画配信サービス比較 dTV

  • Hulu
映画配信サービス比較 Hulu


【サイト利用上の注意】
  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合も、ブックマークするなどして、コンテンツ更新をお待ちください。