トロピック・サンダー 史上最低の作戦

これは映画の撮影なんですよね?

原題:Tropic Thunder
製作:アメリカ(2008年)
日本公開日:2008年11月22日
上映時間:107分
製作会社:Red Hour production
配給:パラマウント映画
製作費:
興行収入:

★【評価】
Rotten Tomatoes 82%

第81回アカデミー賞で助演男優賞(ロバート・ダウニー・Jr.)にノミネート。

★【あらすじ】
豪華俳優陣による映画製作をめぐるドタバタアクションコメディ。東南アジアで撮影中の戦争映画「トロピック・サンダー」は主演スター3人のわがままにより撮影が大幅に遅延。業を煮やした監督のコックバーンはスター3人を含むメインキャストを騙してジャングル奥地に連行し、ゲリラ撮影を敢行するが…。

★【スタッフ】
監督:ベン・スティラー
脚本:ベン・スティラー、ジャスティン・セロー、イータン・コーエン
撮影:ジョン・トール
音楽:セオドア・シャピロ

★【キャスト】
ベン・スティラー、ジャック・ブラック、ロバート・ダウニー・Jr.、スティーブ・クーガン、ジェイ・バルチェル、ダニー・マクブライド、ブランドン・T・ジャクソン、ビル・ヘイダー、ニック・ノルティ、ブランドン・スー・フー、レジー・リー、マシュー・マコノヒー、トム・クルーズ

【無料動画】

トロピック・サンダー/史上最低の作戦 – 予告編

トロピック・サンダー/史上最低の作戦 - 予告編

(C)2008 DreamWorks LLC. All Rights Reserved.


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】【フル動画を探す】

【more】
airw.net(動画)
U-NEXT
dTV
Hulu
TSUTAYATV


映画動画紹介ブログ村

[PR] 動画配信サービスを試してみませんか

    ●人気急上昇中の動画配信サービス(VOD)!

  • 「見たい作品がある。または過去作や関連作を合わせて鑑賞したい。でも可能な限りお得に見たい。できればタダで…」そんなときに皆が利用しているのが動画配信サービスです。今では6人に1人が動画配信サービスを利用した経験があるという調査もあります。
  • 基本的に有料ですが、お試し期間中はさまざまな作品の映画動画を無料で視聴可能。もちろん期間内に解約すればお金はかかりません。作品の配信は場合によっては期間限定なので登録はお早めに!
    ●どの動画配信サービス(VOD)で見れるの?

  • 「動画配信サービスが便利なのはわかったけど、どの映画がどのサービスで見られるのかわからない…」そんなときは「フリムビ2」でチェックしましょう。
  • 以下に紹介されている動画配信サービスで視聴できる可能性が大。「VOD」と書かれたリンクから公式サイトに移動して実際の作品配信状況を確認しましょう。
▼U-NEXT(31日間無料お試し)
関連作や原作をオンラインでたっぷり楽しみ、作品をさらに満喫! ダウンロード視聴すれば、ネット環境の弱い場所でも気軽に鑑賞!
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
映画配信サービス比較 U-NEXT
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料お試し)
好きなタイミングで自由自在にレンタルもできる! DVDやブルーレイと同じハイ・クオリティの映像を家でのんびりチェック。
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
映画配信サービス比較 TSUTAYA
▼ビデオマーケット(1か月無料お試し)
オフィシャルでレンタル店より早く新作映画を楽しもう! 公式のセル・レンタル同時配信をいち早く確認しよう。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Videomarket
▼Amazonビデオ(30日間無料お試し)
豊富なコンテンツを4K Ultra HD画質でも再生可能!アマゾンの他のサービスも利用できてお得です。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Amazon

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

映画フリー (2016年1月8日) 
ベン・スティラーが好き放題製作してド派手なコメディアクション。ロバート・ダウニー・Jrの黒人芸もさることながら、トム・クルーズのアホ演技は完全に役者のイメージを粉砕していて最高すぎる。新作戦争映画で全く役に立たない役者たちを鍛えるべく、ジャングルへ行ったら本当に戦争していたという、実にくだらないプロットだが、それを映画で流すことで、映画で映画を撮影している光景を見るという、変な感覚を体験できてしまうのもツボ。
SPACEMOV (2016年1月15日) 
ブラック・フェイス、ホモフォビア、蔑称連呼など、映画ではやってはいけないこと(映画だけじゃないのだが)をガンガンやりまくる。倫理も道徳も知ったこっちゃねぇ!と言わんばかりの大暴れ。それがこの「トロピック・サンダー」というバカ映画の名前である。ベトナム戦争というアメリカがもっともヘマをした戦争の舞台でバカをしまくるというのは、最強のアメリカ批判になっているのだが、当人たちが楽しそうすぎてどうでもよくなってくる。
DAILYMOTION (2016年1月19日) 
どうしてベン・スティラーはここまでバカに徹することができるのでしょうか。映画業界内輪ネタをバシバシ盛り込み、自分たち映画人も含めてギャグにして笑いにするのが本当に上手いです。単にアメリカ批判をしているのではなく、自分もその批判の中に入れてしまうことで、上から目線な要素がゼロになるあたりも素晴らしいですね。こういうギャグセンスを日本の映画も見習ってください、ぜひ。筋肉とデブとハゲしか出てきませんが、良い奴らです。

★【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合は、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする(感想コメントはこちらまで)

フォローする(最新更新情報をチェック)