ジェームス・ブラウン 最高の魂(ソウル)を持つ男

音楽の歴史を変えた男の叫びを聴け

原題:Get on Up
製作:アメリカ(2014年)
日本公開日:2015年5月30日
上映時間:139分
製作会社:Imagine Entertainment
配給:シンカ、パルコ
製作費:
興行収入:

★【評価】
Rotten Tomatoes 80%

★【あらすじ】
伝説のソウルミュージシャン、ジェームス・ブラウンの半生を映画化。貧しい南部の家に生まれ育ったジェームス・ブラウンは、両親に捨てられ、叔母に引き取られたあと、教会で聞く音楽だけを希望に、孤独な少年時代を送る。10代で窃盗により刑務所へ入ることとなったジェームスは慰安に来たゴスペルグループのボビー・バードと運命的な出会いを果たす。ジェームスの才能を見抜いたボビーは彼の保証人となって釈放、ふたりが中心のバンドを結成し、ジェームスの才能は見事に開花する。その一方で、破天荒な行動や派手な女性関係により、ジェームスは仲間との確執を生んでしまう。そして、常に彼を支え続けてきた親友のボビーも去ってしまう。

★【スタッフ】
監督:テイト・テイラー
脚本:ジェズ・バターワース、ジョン=ヘンリー・バターワース
撮影:スティーブン・ゴールドブラット
音楽:トーマス・ニューマン

★【キャスト】
チャドウィック・ボーズマン、ネルサン・エリス、ダン・エイクロイド、ヴィオラ・デイヴィス、レニー・ジェームズ、フレッド・メラメッド、クレイグ・ロビンソン、ジル・スコット、オクタヴィア・スペンサー、ジョシュ・ホプキンス、ブランドン・スミス、チカ・サンプター、アーンジャニュー・エリス、タリク・トロッター

【無料動画】

映画『ジェームス・ブラウン 最高の魂を持つ男』予告編

映画『ジェームス・ブラウン 最高の魂を持つ男』予告編

(C)Universal Pictures (C)D Stevens


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】【フル動画を探す】

【more】
airw.net(動画)
U-NEXT
dTV
Hulu
TSUTAYATV


映画動画紹介ブログ村

[PR] 動画配信サービスを試してみませんか

    ●人気急上昇中の動画配信サービス(VOD)!

  • 「見たい作品がある。または過去作や関連作を合わせて鑑賞したい。でも可能な限りお得に見たい。できればタダで…」そんなときに皆が利用しているのが動画配信サービスです。今では6人に1人が動画配信サービスを利用した経験があるという調査もあります。
  • 基本的に有料ですが、お試し期間中はさまざまな作品の映画動画を無料で視聴可能。もちろん期間内に解約すればお金はかかりません。作品の配信は場合によっては期間限定なので登録はお早めに!
    ●どの動画配信サービス(VOD)で見れるの?

  • 「動画配信サービスが便利なのはわかったけど、どの映画がどのサービスで見られるのかわからない…」そんなときは「フリムビ2」でチェックしましょう。
  • 以下に紹介されている動画配信サービスで視聴できる可能性が大。「VOD」と書かれたリンクから公式サイトに移動して実際の作品配信状況を確認しましょう。
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料お試し)
好きなタイミングで自由自在にレンタルもできる! DVDやブルーレイと同じハイ・クオリティの映像を家でのんびりチェック。
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
映画配信サービス比較 TSUTAYA
▼dTV(31日間無料お試し)
DOCOMOだから安心。原作漫画なども合わせて楽しめる! 通勤中や移動中でも通信量を気にしなくてもOK。
▽今すぐ見る ⇒ VOD4
映画配信サービス比較 dTV
▼ビデオマーケット(1か月無料お試し)
オフィシャルでレンタル店より早く新作映画を楽しもう! 公式のセル・レンタル同時配信をいち早く確認しよう。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Videomarket
▼Netflix(1か月無料お試し)
他にはないオリジナル作品も完備していて、世界トップクラスのラインナップ!
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Netflix
▼Amazonビデオ(30日間無料お試し)
豊富なコンテンツを4K Ultra HD画質でも再生可能!アマゾンの他のサービスも利用できてお得です。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Amazon

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

●映画FUN (2016年1月10日) 
単なる優れた音楽人というだけではない。歴史と絡めた語り口があるから面白い。公民権運動などの最中、白人と手を組んで成功をつかんだ黒人ミュージシャンには色々葛藤があるようだが、ジェームス・ブラウンも綺麗ごとでは済まされない厳しい苦悩があった。一方で、その苦しい感情もまた歌という形で発散されていく。そういうバックグラウンドまで理解しながら彼の曲を聴くと全く印象が変わってくるので、ぜひおすすめしたい映画です。
●SPACEMOV (2016年1月14日) 
開始早々流れる「Get On Up」にテンションは爆上げ。彼が誰もが憧れるビッグスターへと登り詰めることができた理由は何なのか。天性の才能と自信を持っていたからか、はたまた運が良かっただけなのか。まさに「孤高」という形容がふさわしい伝説のソウルシンガー、ジェームズ・ブラウンの一生を描いた物語では、彼の孤高がただのキザなナルシチズムではないことを示していく。エゴのなかにこそアートは存在することを再確認させられた。
●DAILYMOTION (2018年3月10日) 
ファンクの帝王JBの半生記。演じるのは「ブラックパンサー」でお世話になるチャドウィック・ボーズマン。彼の熱演は素晴らしく、これだけ上手い役者なら大作主役に抜擢されるのも当然だと思ったり。エピローグで知ったけど73歳で死ぬ直前までステージをこなしていたそうで、まさに音楽に人生を捧げたのだろうな。ミック・ジャガーがプロデューサーなので若き日のストーンズ役も出てきてなんだか時代のキーメンバーが顔見せするのは愉快です。

★【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合は、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする(感想コメントはこちらまで)

フォローする(最新更新情報をチェック)