クリミナル・アフェア 魔警

動画『クリミナル・アフェア 魔警』を無料視聴

原題:魔警 That Demon Within
製作:中国・香港(2014年)
日本公開日:2015年2月14日
上映時間:111分
製作会社:
配給:
製作費:
興行収入:

2013年の香港で大ヒットを記録した『激戦 ハート・オブ・ファイト』のダンテ・ラム監督とニック・チョンが再タッグを組んだサスペンスアクション。2006年に香港の繁華街・尖沙咀で発生した警察官が警察官を射殺するという実在の事件に着想を得た。病院の警備勤務をしていた香港警察の警官デイブは、重傷を負って病院に駆け込んできた男ホンの輸血に協力し、そのおかげでホンは一命を取り留める。しかし、ホンは特捜部が追っていた武装強盗団のひとりだった。ホンを救ったデイブは特捜部から詰め寄られ、正義感の強いデイブはホンのことが頭から離れなくなり、次第に心の中に闇が広がっていく。

★【スタッフ】
監督:ダンテ・ラム
脚本:ジャック・ン、ダンテ・ラム
撮影:ケニー・ツェー
音楽:レオン・コー

★【キャスト】
ダニエル・ウー、ニック・チョン、アンディ・オン、リウ・カイチー

【無料動画】

『クリミナル・アフェア魔警』予告編

『クリミナル・アフェア魔警』予告編


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
Video3【U-NEXT
Video4【Hulu
Video5【TSUTAYATV
Video6【Videomarket


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼Hulu(2週間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD4
Hulu

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

名無しさん(2015年3月5日) 
冒頭、ド迫力の銃撃戦から始まり…オープニング・クレジット、それに続く市街地の銃撃戦と、始まっていきなりこれが普通の映画ではないことを観客に宣言します。と思ったら中盤からとんでもない展開に。えっ?そういう映画だったの?って戸惑う間もなく壮絶なラストへ…。呆然とさせられたままエンドロール。破綻寸前のキワキワ脚本、実験的な撮影手法、不吉で不快だけどもっと聴いていたくなるサウンドトラック、決して完成度は高くないけど的確に使われるCGとなどなど。見どころ満載。私が個人的に思う林超賢の映画の凄さは、全然躊躇せず、物語とそのテーマを描くために、周りの目、特に観客の目を気にせずに豪速球を投げ込もうとする、その度胸のよさです。演出家の個性を感じられない映画ほど観ていてつまらないものはありませんが、彼の映画はそうした退屈さと無縁。『クリミナル・アフェア 魔警』は、現在のところ、林超賢の最高傑作と呼ぶに相応しい力作。
名無しさん(2015年3月17日) 
林超賢の特徴は思い切りのいいアクション演出にもありますが、今回、それは単に銃撃戦が凄いとか、カー・アクションが素晴らしいとか、暴力描写がエグいとか、そうした一般的な映画の域を遥かに超えています。この映画の林超賢は、これまでの自身のアクション演出にもないさらなる高みに到達した感がありました。エンドクレジットの前に、『誰の中にも悪は存在する』とテロップが流れるのだが、流石にこれはチョットやり過ぎ的な感はあったが、十分に見応えのある作品だった。