ゲーム・チェンジ 大統領選を駆け抜けた女

動画『ゲーム・チェンジ 大統領選を駆け抜けた女』を無料視聴

game-change

原題:Game Change
製作:アメリカ(2012年)
日本公開日:2012年11月10日
上映時間:118分
製作会社:
配給:
製作費:
興行収入:

【評価・受賞】
Rotten Tomatoes 65%

【あらすじ】
2008年アメリカ合衆国大統領選挙で共和党の副大統領候補となったアラスカ州知事サラ・ペイリンを描いた伝記映画。テレビ映画で、第64回エミー賞において、12部門でノミネートされ、ミニ・シリーズ・テレビ映画部門の作品賞や主演女優賞など5部門で受賞するなど様々な賞を受賞した。

【スタッフ】
監督:ジェイ・ローチ
脚本:ダニー・ストロング
撮影:ジム・デノールト
音楽:セオドア・シャピロ

【キャスト】
ジュリアン・ムーア、ウディ・ハレルソン、エド・ハリス、ピーター・マクニコル、サラ・ポールソン、ロン・リビングストン、デヴィッド・バリー・グレイ、ブライアン・ホウ、オースティン・ペンドルトン

【動画】

映画を見る】【動画を見る

airw.net(動画)
toremaga(動画)
Video3【U-NEXT
Video4【dTV
Video5【Hulu
Video6【TSUTAYATV

【感想・批評】

名無しさん(2015年8月10日) star_5
政治のことはよくわからないけど、知識がなくても副大統領候補になれることがびっくり。こんな人たちが国を率いているのかと思うと怖い。政治の世界で選ばれるには、まず第一に大衆を相手にするということで、本人のスター性さえあればある程度の所まで持って行けてしまう怖さがあった。日本でもシルバー民主主義と言われてるけど、アメリカでも同じように、国の代表に相応しいと思えない人でも、タイミング次第で当選出来てしまうのはすごいとおもう。
名無しさん(2015年12月3日) star_5
2008年米大統領戦のマケイン陣営、サラ・ペイリンをメインにしたHBOのTVムービー。サラ・ペイリンをジュリアン・ムーアがやって評価されたやつ。もちろん政治的な話ではあるけども、その中にあった人間ドラマが主に描かれているから案外気楽に見れて面白かった。誇張もある気がするけど、ちゃんと調べてたらペイリンにはしなかっただろうから実際にこんな感じだったかも。強烈なシーンだった。こうして候補者は作られるのかと感心しきりだけれど、政治家はバカでもできる、という印象しか持てなかった。

にほんブログ村 動画紹介ブログ 映画動画へ

FC2Rank



[PR] 動画配信サービスを試してみませんか
※お試し期間中はさまざまな作品を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。

  • U-NEXT
映画配信サービス比較 U-NEXT

  • TSUTAYA DISCAS/TV
映画配信サービス比較 TSUTAYA

  • dTV
映画配信サービス比較 dTV

  • Hulu
映画配信サービス比較 Hulu


【サイト利用上の注意】
  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合も、ブックマークするなどして、コンテンツ更新をお待ちください。