ナイトピープル

動画『ナイトピープル』を無料視聴

原題:ナイトピープル
製作:日本(2012年)
日本公開日:2013年1月26日
上映時間:90分
製作会社:
配給:
製作費:
興行収入:

直木賞作家・逢坂剛の短編小説「都会の野獣」(文春文庫「情状鑑定人」所収)を、「棚の隅」「休暇」の門井肇監督が映画化。強奪された大金をめぐり、死んだ恋人の影を引きずる男と、謎めいた美女、神出鬼没の刑事が繰り広げる心理戦を描いたクライムサスペンス。ワインバー「Night People」のマスター・木村信治は、店にやってきた知的な美女で、かつての恋人に似た杉野萌子を雇う。常連客にもすぐに打ち解けていく萌子に、信治は次第にひかれていくが、ある日、曾根と名乗る刑事が店を訪れ、萌子は大物議員から2億円を強奪した前科者であり、その2億円がいまだに発見されていないことを告げる。困惑した信治だったが、「曾根に酷い目にあわされている」という萌子の言葉を信じ、曾根の追跡から萌子を守ろうとするが…。

★【スタッフ】
監督:門井肇
脚本:港岳彦
撮影:早坂伸
音楽:風カヲル時

★【キャスト】
佐藤江梨子、北村一輝、若村麻由美、三元雅芸、杉本哲太

【無料動画】

映画『ナイトピープル』予告編

映画『ナイトピープル』予告編


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
Video3【U-NEXT
Video4【Hulu
Video5【TSUTAYATV
Video6【Videomarket


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

名無しさん(2013年2月1日) 
街中の派手な銃撃戦とかの現実離れは、このての映画では気にしない。哲太さんは、元々金を手にしていたにも関わらず何故サトエリを使って芝居したのか?エレベーターで撃たれた北村さんが生きていた!のはまぁ有るとして、あの重症でどうやって逃げてきたのか?若村さんに渡した二百万円は何の意味が有ったのか?それぞれに意味が有るのだろうけど、どうなのかな。キャストでは佐藤江梨子は相変わらずのスタイル抜群。しおらしかったり、甘えたり、逞しかったりといろんな雰囲気の萌子を演じ分けているのが見どころでしょうか。銃撃戦など現実味がないシーンがいくつかあるがゆえにラストがさらっと受け入れられるような気がしました。
名無しさん(2013年2月13日) 
最初から最後まで駆け引きや諜報戦のようなのがあり、銃火器もハンドガン以外にアサルトライフルやショットガンなども個人的に好き。二億円のありかを狙って、女とバーの店長と刑事が悪人なのか仲間なのか正義の見方なのかわからないように騙し合い、また、観客も騙される。さらにやくざ同士の抗争を交えアウトレイジばりの拳銃での撃ち合い殺し合いがはじまり、女を含めた三人を二億円強奪のために追いかけ銃撃戦となる。最後は女が二億奪って逃げ切るという物語。物語の進行と共に隠されていた意外な過去が暴かれるところが面白かった。胡散臭そうな人物ばっかで、どう転ぶかわからなくいストーリーておもしろかった。若村麻由美さんかっこいいし、佐藤江梨子さんも影がありそうな雰囲気で好きでした。