20世紀少年 第1章 終わりの始まり

シリーズ第1弾。待望の実写映画化

浦沢直樹の同名人気コミックを全3部作で映画化する第1部。監督は「トリック」「明日の記憶」の堤幸彦。世は20世紀末、小学生の頃に遊びで書いた“よげんの書”の内容通りに、世界滅亡の危機が現実に起こりつつあることを知ったケンヂは、かつての仲間を集め世界を救うために立ち上がる。しかし、事件の裏には“ともだち”と呼ばれる謎の存在が…。

原題:20世紀少年 / 製作:日本(2008年) / 日本公開日:2008年8月30日 / 上映時間:142分 / 製作会社:シネバザール、オフィスクレッシェンド / 配給:東宝 / 製作費: / 興行収入:39.5億円 / 次作:『20世紀少年 第2章 最後の希望

★【スタッフ】
監督:堤幸彦
脚本:福田靖、長崎尚志、浦沢直樹、渡辺雄介
撮影:唐沢悟
音楽:白井良明

★【キャスト】
唐沢寿明、豊川悦司、常盤貴子、香川照之、石塚英彦、宇梶剛士、宮迫博之、生瀬勝久、小日向文世、佐々木蔵之介、藤井隆、山田花子、ARATA、片瀬那奈、池脇千鶴、鈴木崇大、三浦敏和、中田敦彦、藤森慎吾、藤井フミヤ、及川光博、竹中直人、森山未來、津田寛治、徳井優、石橋保、布川敏和、入江雅人、竹内都子、洞口依子、遠藤憲一

【無料動画】
(C)1999,2006 浦沢直樹 スタジオナッツ/小学館 (C)2008 映画「20世紀少年」製作委員会


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼Hulu(2週間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD4
Hulu
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

映画の無料動画で夢心地(2016年1月18日) 
ストーリ展開的には誰がトモダチなのか探っていくミステリー。原作とは違うオチが待っているので、オリジナルを知っていようといまいと楽しめる作りは嬉しい。3部作なので、かなりお話が焦らされる感じはありますが、気長にお付き合いいただければいいかと。一番は贅沢なキャスティングですね。思い出に残ります。20世紀末の雰囲気に浸れるのでノスタルジックにもなれます。おそらくある程度の年齢層にこそ響くものがあるのでしょうけど…。
BILIBILI (2016年1月23日) 
キャスト多すぎ、豪華すぎ。まるでオールスター感謝祭。当時の邦画は金があったのか、派手なことをするな~。子供時代に書いたものが大人になって現実に世界を滅ぼす事になるというファンタジーなのかと見間違えるような設定。その真実が明かされるのはまだ先ですが、つかみとしてはバッチリではないですか。ただ、今観るとCGなどはしょぼいですけど。続きが気になる終わり方ではあるので、ぜひとも全てを一気見してほしいものです。
DAILYMOTION (2016年1月26日) 
「ともだち」が明らかに現実離れした存在なので、ツッコミを入れようと思えばいくらでもできるのだけど、そこを強引な力技で持っていくだけのパワーはありました。唐沢寿明と堤幸彦の完全ならオヤジ映画ですけど、やりたいことはやっているなと。でも、好き嫌いは分かれるでしょう。この映画の音楽はちょっとダサすぎるし、何よりこの曲を世界を変えるほどの力を持つという設定にするのはさすがにね…。思い出補正はそれだけ強いということか。