父の初七日

動画『父の初七日』を無料視聴

原題:SEVEN DAYS IN HEAVEN
製作:台湾(2009年)
日本公開日:2012年3月3日
上映時間:92分
製作会社:
配給:
製作費:
興行収入:

【評価・受賞】
Rotten Tomatoes ??%
IMDb ??/10

【あらすじ】
家族の死から葬儀までの喧噪の7日間を描いた、本国台湾でロングラン・ヒットとなったお葬式ヒューマン・コメディ。亡くなった父を伝統的な葬儀で送ることになった家族が古い風習に戸惑い、翻弄される姿をユーモラスかつ優しい眼差しで綴る。突然の父の危篤の報せに、台北で働く阿梅は故郷の病院へと駆けつける。しかし、病室に横たわる父は既に息を引き取っていた。母の死後、男手ひとつで自分たちを育ててくれた父の亡骸に付き添って、阿梅と兄の大志は自宅へと戻る。やがて、道士でもある叔父・阿義の指図で、伝統的な葬儀が執り行われることになり、従弟の小荘はその成り行きをビデオに収めることを決めるのだった。暦によって決められた野辺送りの日は7日後。父との様々な思い出に浸る間もなく、阿梅は古いしきたりに則った“お葬式”に追い立てられ…。

【スタッフ】
監督:ワン・ユーリン、エッセイ・リウ
脚本:エッセイ・リウ
撮影:フー・シーイン
音楽:ドゥー・ドゥージー

【キャスト】
ワン・リーウェン、ウー・ポンフォン、チェン・ジャーシャン、チェン・タイファー、ジャン・シーイン、タイ・バオ

【動画】

映画を見る】【動画を見る

airw.net(動画)
toremaga(動画)
Video3【U-NEXT
Video4【dTV
Video5【Hulu
Video6【TSUTAYATV
【Gyao】

【感想・批評】

名無しさん(2012年4月10日) star_5
父親の葬儀を巡るホームコメディ。同じアジア人として共感出来る部分と、異国の風習の違いを痛感する部分がありとても興味深い。葬式を題材としていながら重く湿っぽくならないのは監督・俳優陣共に見事!独特のユーモアというか笑いを誘う部分が優しい感じがします。父との思い出を回想するシーンや終盤は「悲しい」というか「寂しい」なかに感じる温かさが心に沁みるし、久方振りにあった兄妹が一緒に葬儀を行っていく様や語らいは家族の温かみや絆を感じさせます。最後の空港ンシーンも印象的です。
名無しさん(2012年4月18日) star_5
これは台湾の映画なのにアジア圏内のせいか日本のお葬式と比べながら観てしまった。初見、主演の兄妹の不細工さに不安を感じましたが(日本映画なら主演はありえない容姿)、次第にいい女、いい男に見えてきました。台湾の葬式も日本人の私から見ると不思議すぎ。台湾では土葬して、お墓は豪華だと現地係員さんが話していましたが、映画で見る限りではわかりません。ときおり日本語も出ていましたね。ストーリーの細かい部分はつっこみ所満載でしたが、漂う空気があたたかく、台湾に行きたくなりました。とても落ち着いた文化を考えさせる素晴らしい作品だと思いますので、遠いようで近い異国の文化に想いをはせてみてはどうでしょうか。

にほんブログ村 動画紹介ブログ 映画動画へ

FC2Rank



[PR] 動画配信サービスを試してみませんか
※お試し期間中はさまざまな作品を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。

  • U-NEXT
映画配信サービス比較 U-NEXT

  • TSUTAYA DISCAS/TV
映画配信サービス比較 TSUTAYA

  • dTV
映画配信サービス比較 dTV

  • Hulu
映画配信サービス比較 Hulu


【サイト利用上の注意】
  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合も、ブックマークするなどして、コンテンツ更新をお待ちください。