歩いても 歩いても

是枝裕和監督が描く家族のドラマ

原題:歩いても 歩いても
製作:日本(2008年)
日本公開日:2008年6月28日
上映時間:104分
製作会社:エンジンネットワーク
配給:シネカノン
製作費:
興行収入:

★【あらすじ】
是枝裕和監督が、年老いた両親の元に久々に集った家族の情景を静かなタッチで切り取り、人生の喜びと悲しみを浮かび上がらせたホームドラマ。ある夏の日、元開業医の横山恭平とその妻とし子が2人きりで暮らす家に、次男の良多と長女のちなみがそれぞれの家族を連れてやって来る。何気ない団欒のときを過ごす横山一家だったが、この日は15年前に亡くなった長男・順平の命日だった…。

★【スタッフ】
監督:是枝裕和(関連作品:『花よりもなほ』)
脚本:是枝裕和
撮影:山崎裕
音楽:ゴンチチ

★【キャスト(キャラクター)】
阿部寛(横山良多)、夏川結衣(横山ゆかり)、YOU(片岡ちなみ)、高橋和也(片岡信夫)、田中祥平(横山あつし)、樹木希林(横山とし子)、原田芳雄(横山恭平)、野本ほたる(片岡さつき)、林凌雅(片岡睦)、寺島進(小松健太郎)、加藤治子(西沢ふさ)

【無料動画】

『歩いても 歩いても』予告編

『歩いても 歩いても』予告編


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】【フル動画を探す】

RAK1【toremaga(動画)】
RAK2【airw.net(動画)
VOD3【U-NEXT
VOD4【dTV
VOD5【Hulu
VOD6【TSUTAYATV
VOD7【au-Video
VOD8【Gyao】


映画動画紹介ブログ村

[PR] 動画配信サービスを試してみませんか
お試し期間中はさまざまな作品を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。作品の配信は期間限定なので登録はお早めに!
▼U-NEXT(31日間無料お試し)
関連作や原作をオンラインでたっぷり楽しみ、作品をさらに満喫! ダウンロード視聴すれば、ネット環境の弱い場所でも気軽に鑑賞!
▽今すぐ見る
映画配信サービス比較 U-NEXT
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料お試し)
好きなタイミングで自由自在にレンタルもできる! DVDやブルーレイと同じハイ・クオリティの映像を家でのんびりチェック。
▽今すぐ見る
映画配信サービス比較 TSUTAYA
▼ビデオマーケット(1か月無料お試し)
オフィシャルでレンタル店より早く新作映画を楽しもう! 公式のセル・レンタル同時配信をいち早く確認しよう。
▽今すぐ見る
映画配信サービス比較 Videomarket
▼Amazonビデオ(30日間無料お試し)
豊富なコンテンツを4K Ultra HD画質でも再生可能!アマゾンの他のサービスも利用できてお得です。
▽今すぐ見る
映画配信サービス比較 Amazon

▼作品をより深く知る▼

★【受賞】
第51回ブルーリボン賞で監督賞と助演女優賞を受賞。

★【感想・批評】

●映画の無料動画で夢心地(2016年1月6日) star_5
どこにでもいる普通の家族の一幕を丁寧に描いた映画でした。同じ家族の映画でもやっぱり日本の映画は唯一無二の日本感があって、そして是枝裕和監督はそういうものを描くセンスが本当に素晴らしいです。一見和やかだが、顔を合わせないところでちょっとギスギスしている。そんなこと言うなよとか、登場人物皆にそれぞれ思ってしまうような部分、それもどこか納得できてしまうところがあったり。家族ってこうだよねとふと自然に腑に落ちるのです。
●映画FUN (2016年4月23日) star_5
是枝さんの作品で一番好き。別に大きな事件が起きるわけでも、ドラマチックな展開があるわけでもないのに、ぐっと息をのんで最後まで観てしまう。ここまで丁寧に描写されているのはこの監督の凄さだろうし、俳優陣の脚本に対する深い読解力と演技力も合わさって、完全に本物の家族を表現している。それでも家族にはドラマがある。説明的ではなく、だんだんとディテールが浮き立っていく物語性にこの家族も少しずつ変化していることがわかる。
●BILIBILI (2016年4月24日) star_5
こんなに優しく、穏やかに「死」を描く作品があるだろうか。本当に自然に涙がこぼれてしまうのだった。素晴らしい脚本と見事な役者の演技。夏の日に実家に集まった家族のそれぞれの複雑な心境が、誰でも口にしたことがあるような自然な会話を使って驚くべき濃密さで描かれる。役者も素晴らしい。とくに樹木希林には脱帽。息子を他人のために失った母親という非常に難しい内面を抱えた人物を見事に演じている。怖いくらいに演技が上手い。
●PARAVI (2016年5月21日) star_5
人の演技を撮るというよりも、人を見守るような視点からのカメラワークが多いのは、まさに観客もまたこの家族の一員になった気分になる効果のためだろうか。性別、年齢、経歴…見る人によって感情移入する登場人物が変わっていくと思う。久しぶりに実家に帰るちょっとした気まずさや、久しぶり会う親戚との会話など「そういうのってあるよなあ」と思わせるちょっとした描写が冒頭から続くので、他人事とは思えない、変な想いが渦巻くのであった。

★【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合も、ブックマークするなどして、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする

フォローする(最新更新情報をチェック)