ゆれる(2006)

動画『ゆれる』を無料視聴

原題:ゆれる
製作:日本(2006年)
日本公開日:2006年7月8日
上映時間:119分
製作会社:
配給:
製作費:
興行収入:

★【あらすじ】
「蛇イチゴ」(03)でデビューを飾った西川美和監督の第2作。東京で写真家として気ままに暮らす猛が、母親の一周忌で久しぶりに帰郷。猛は家業を継いだ兄の稔と幼なじみの智恵子とともに近くの渓谷へ行くが、智恵子が吊り橋から転落してしまう。智恵子の近くにいた稔が逮捕され裁判となるが、そこで猛は今まで見たことのない兄の姿を目の当たりにする…。

★【スタッフ】
監督:西川美和
脚本:西川美和
撮影:高瀬比呂志
音楽:カリフラワーズ

★【キャスト】
オダギリジョー、香川照之、伊武雅刀、新井浩文、真木よう子、木村祐一、ピエール瀧

【無料動画】

ゆれる(プレビュー)

ゆれる(プレビュー)


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】【フル動画を探す】

【more】
airw.net(動画)
Video3【U-NEXT
Video4【dTV
Video5【Hulu
Video6【TSUTAYATV


映画動画紹介ブログ村

[PR] 動画配信サービスを試してみませんか

    ●人気急上昇中の動画配信サービス(VOD)!

  • 「見たい作品がある。または過去作や関連作を合わせて鑑賞したい。でも可能な限りお得に見たい。できればタダで…」そんなときに皆が利用しているのが動画配信サービスです。今では6人に1人が動画配信サービスを利用した経験があるという調査もあります。
  • 基本的に有料ですが、お試し期間中はさまざまな作品の映画動画を無料で視聴可能。もちろん期間内に解約すればお金はかかりません。作品の配信は場合によっては期間限定なので登録はお早めに!
    ●どの動画配信サービス(VOD)で見れるの?

  • 「動画配信サービスが便利なのはわかったけど、どの映画がどのサービスで見られるのかわからない…」そんなときは「フリムビ2」でチェックしましょう。
  • 以下に紹介されている動画配信サービスで視聴できる可能性が大。「VOD」と書かれたリンクから公式サイトに移動して実際の作品配信状況を確認しましょう。
▼U-NEXT(31日間無料お試し)
関連作や原作をオンラインでたっぷり楽しみ、作品をさらに満喫! ダウンロード視聴すれば、ネット環境の弱い場所でも気軽に鑑賞!
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
映画配信サービス比較 U-NEXT
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料お試し)
好きなタイミングで自由自在にレンタルもできる! DVDやブルーレイと同じハイ・クオリティの映像を家でのんびりチェック。
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
映画配信サービス比較 TSUTAYA
▼dTV(31日間無料お試し)
DOCOMOだから安心。原作漫画なども合わせて楽しめる! 通勤中や移動中でも通信量を気にしなくてもOK。
▽今すぐ見る ⇒ VOD4
映画配信サービス比較 dTV
▼ビデオマーケット(1か月無料お試し)
オフィシャルでレンタル店より早く新作映画を楽しもう! 公式のセル・レンタル同時配信をいち早く確認しよう。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Videomarket
▼Amazonビデオ(30日間無料お試し)
豊富なコンテンツを4K Ultra HD画質でも再生可能!アマゾンの他のサービスも利用できてお得です。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Amazon

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

名無しさん(2010年1月10日) 
すごく大きな余韻と余白を持たせた作品。演技と演出の質も高い。開示する情報をギリギリに絞り、余白を残しつつ、私たちがキャラクターの心情を考える隙を与えてくる。それもシーンごとに。特にラストシーンはとても印象に残る名シーンだ。あそこであなたは何を感じるだろうか。気の合う人と観賞後に語り合いたくなる傑作。観ている自分も大揺れに揺れて、最後まで揺らぎっぱなしだった。
名無しさん(2010年1月10日) 
香川照之出演作を見るたびに思うのですが、彼は実に作品にも役者としての才能にも恵まれていますね。脚本もなんとも切ない展開が続くのですが、ラストに予想を超えたドラマチックな結末が用意されています。「帰ろうよ!」という猛の涙ながらのセリフには涙が溢れました。彼の演技にここまで感動したのは初めてです。あのセリフは「家に」というよりも、ホームビデオで映し出されていたような「かつての兄弟の関係に」という思いが強かったんでしょうね。兄は心の奥底で弟への劣等感を隠しきれなかった為に面会で感情を爆発させ、弟は痛い指摘をされた事と兄に裏切られたという思いから殆ど当て付けであの証言に至ったのではないかと。邦画で久々に心揺さぶられる傑作を堪能しました。

★【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合は、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする(感想コメントはこちらまで)

フォローする(最新更新情報をチェック)