ザカリーに捧ぐ

動画『ザカリーに捧ぐ』を無料視聴

dear-zachary

原題:Dear Zachary: A Letter to a Son About His Father
製作:アメリカ(2008年)
日本未公開:(アメリカ公開日:2008年10月31日)
上映時間:95分
製作会社:
配給:
製作費:
興行収入:

【評価・受賞】
Rotten Tomatoes 94%

【あらすじ】
2001年に殺害されたアンドリュー・バッグビィの子供の頃からの友人である監督による作品。アンドリュー・バッグビィは、ペンシルヴァニアの駐車場で殺害される。その第一容疑者であった彼の元ガールフレントは、アンドリューの子供を妊娠・出産し、ザカリーと名づける…。

【スタッフ】
監督:カート・クエンネ
脚本:カート・クエンネ
撮影:カート・クエンネ
音楽:カート・クエンネ

【キャスト】

【動画】

映画を見る】【動画を見る

airw.net(動画)
toremaga(動画)
Video3【U-NEXT
Video4【dTV
Video5【Hulu
Video6【TSUTAYATV
Watchdocumentaries

【感想・批評】

名無しさん(2016年8月10日) star_5
幼馴染が殺され、その息子に「君のお父さんはこんなに素晴らしい人だったんだよ」という事を伝えたい為に撮り始めたドキュメンタリー映画。ドキュメンタリーという物がこんなに素晴らしいものだという事を初めて知りました。こんなに生々しい悲しみや怒りはどんなに素晴らしい役者でも出せないでしょう。構成も素晴らしいです。この映画を見てない人は是非見て下さい。映像の構成もすばらしく、音楽もすばらしく美しいです。画面から感じる愛と音楽が重なって、涙が溢れました。
名無しさん(2016年10月27日) star_5
見たことを後悔するくらい悲しくやりきれない話。これはフィクションではなくドキュメンタリーなんだから、どこに気持ちを持って行けばいいの?日本の司法にもまだまだ問題はあるけれど、少なくとも殺人犯は保釈が認められないだけ救いがある。日本に生まれて良かったと思えました。ビデオレターというパーソナルなものが、やがて、社会の不条理に直面していく様は戦慄を覚える。「予想もつかない展開」という触れ込みなんだけれども、私は「事件」の展開が驚きというサプライズよりも、この「事件」を監督(撮影・編集・音楽…全部だ)が「どう受け止めたか」というラストに涙腺が崩壊した。

にほんブログ村 動画紹介ブログ 映画動画へ

FC2Rank



[PR] 動画配信サービスを試してみませんか
※お試し期間中はさまざまな作品を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。

  • U-NEXT
映画配信サービス比較 U-NEXT

  • TSUTAYA DISCAS/TV
映画配信サービス比較 TSUTAYA

  • dTV
映画配信サービス比較 dTV

  • Hulu
映画配信サービス比較 Hulu


【サイト利用上の注意】
  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合も、ブックマークするなどして、コンテンツ更新をお待ちください。