沈まない三つの家

動画『沈まない三つの家』を無料視聴

原題:沈まない三つの家
製作:日本(2013年)
日本公開日:2013年10月5日
上映時間:69分
製作会社:
配給:
製作費:
興行収入:

川に落ちた我が子を釣り上げようとする女とその夫、離婚する両親のどちらと住むのか選択を迫られ苦悩する姉妹、ある目的のために病気で死に行く叔父を見舞い続ける少女とその母。川は昨日へと流す、悲しみも喜びも…。

★【スタッフ】
監督:中野量太
脚本:中野量太
撮影:岩永洋
音楽:原夕輝

★【キャスト】
松原菜野花、椎名琴音、橋本拓也、川田希、北浦マサシ、田中えみ、中村朝佳、泉光典、大沢まりを、久藤今日子、成澤優子、藤田健彦、山田奈々子、河口未羽、木村知貴

【無料動画】

『沈まない三つの家』 予告

『沈まない三つの家』 予告


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
Video3【U-NEXT
Video4【Hulu
Video5【TSUTAYATV
Video6【Videomarket


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

名無しさん(2013年11月10日) 
「湯を沸かすほど」でサイコーだった中野量太監督の作品。欠けた家族、不在の描き方が秀逸で是枝好きには絶対刺さるなと。あとやっぱりこの人は変態だよ、ほんと。もちろん褒めてますが。やはり1番お手本とする監督であり最も好みの作風だ。ちょっと笑ってしまうような演出とホラー要素も感じられるような変態チックな演出は見てて面白い。この時には湯を沸かす程のパワフルさは感じられないが中野量太という人間がわかる作品にも感じた。なかなか重くてジメッとした内容だけどラストが全部爽やかに終わった。
名無しさん(2013年11月16日) 
中野監督の作品は、とても個性的で独創的な表現なのに、凡人の自分にでもちゃんと伝わるんですよね。涙のポイントがあり過ぎて、大変です。悲しみの中に、優しさや前向きさが垣間見えて重い内容でも心が救われます。監督は幼い頃にお父様を亡くされたとのことですが、どの作品を見ても、愛のある家庭に育ったのだろうと思えてなりません。伏線の回収という言葉が陳腐に思えるほどの上手さ、そして熱さと深さ。大好きな作品だ。いい作品作るのに規模は必要なし、ハートね。‬生身の人間の弱さがあまりにも描かれ過ぎていて切なくもなるけど、家族に対する愛情は日常から抜け落ちた時にこそ支えになるのだと涙ながらに思った。水中メガネに溜まるほど涙…流すような経験をする人生なんてありがたいことに想像すら出来なくて涙が出てきた。