母の残像

誰も知らないもうひとりのあなた

原題:Louder Than Bombs
製作:ノルウェー・フランス・デンマーク・アメリカ(2015年)
日本公開日:2016年11月26日
上映時間:109分
製作会社:
配給:
製作費:
興行収入:

★【評価】
Rotten Tomatoes 72%

デンマークの鬼才ラース・フォン・トリアー監督を叔父に持つ、ノルウェーの新鋭ヨアキム・トリアー監督の長編第3作。戦争写真家の母イザベルが謎の死を遂げてから3年。母の回顧展の準備のため、長男のジョナが父と弟が暮らす実家に戻ってくる。事故か、自殺か、不可解な部分が多いイザベルの死。久しぶりに顔を合わせた父と息子たちが妻への、そして母へのそれぞれの思いを語り、イザベルの知られざる一面を戸惑いながらも共有していく。3人はそうすることでイザベルの死を受け入れ、家族としての絆を取り戻していくかに見えたが…。

★【スタッフ】
監督:ヨアキム・トリアー
脚本:エスキル・フォクト、ヨアキム・トリアー
撮影:ヤコブ・イーレ

★【キャスト】
ガブリエル・バーン、ジェシー・アイゼンバーグ、イザベル・ユペール、デヴィッド・ストラザーン、レイチェル・ブロスナハン、エイミー・ライアン、ルビー・ジェアリンズ

【無料動画】

「母の残像」予告編

「母の残像」予告編


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

無料ホームシアター(2016年12月10日) 
戦争写真家である母の突然の死がもたらすもの。三年経っても尚、夫と2人の息子はその死を乗り越えているようで受け入れられていない違和感が刻み込まれている。その現実を揺るがすように彼女の回顧展をきっかけに死の真相が明らかになる。母として、女として、写真家としての彼女に改めて向き合った家族が、ゆっくりと今までとは違った絆で新しく結ばれていく。家族を愛していても一緒にいても、埋められない寂しさをみんな抱えているのだ。
映画フリー (2016年12月18日) 
次男のコンラッドに母親イザベルの死の真相を伝えるか伝えないかという葛藤を話の軸にして、妻であり母であるイザベルの突然の死と残された家族3人がどう向き合っていくのか。ギクシャクした関係の父と次男は解けていくのか。長男の悩みは解決するのか。様々な家族の難題に挑んでいく。自分の人生の状況が辛くても、撮る事が自分の責任だと発言した人が、生きたくても死んだ人や残された家族を見てきた人が、自殺…その意味とは何か。
SPACEMOV (2016年12月22日) 
「ダンサー・イン・ザ・ダーク」のラース・フォン・トリアー監督の甥であるヨアキム・トリアー監督の作品。これは全編通してコンラッドを追っている作品であり、父もジョナも、コンラッドが思春期から大人へ成長する過程を、母親への思いを通してイザベルの存在を再確認しようとしている気がする。イザベルの死は自殺なのか事故なのか最後までしっかり語られることはないのだが、丁寧な人物描写とリアルな人間関係が深みを増している。