ジムノペディに乱れる

大人になっても愛はいつまでも未熟なまま

日活の成人映画レーベル「ロマンポルノ」の45周年を記念し、日本映画界の第一線で活躍する監督たちが新作ロマンポルノを手掛ける「日活ロマンポルノ・リブート・プロジェクト」の1作。「世界の中心で、愛をさけぶ」などで知られるラブストーリーの名手・行定勲監督が板尾創路を主演に迎え、不器用な大人の恋愛を美しい映像でつづった。映画監督の古谷は、スランプに陥り撮れない日々が続いていた。鬱屈した気持ちを抱える彼は、女たちに肌のぬくもりを求めてさまようが…。

原題:ジムノペディに乱れる / 製作:日本(2016年) / 日本公開日:2016年11月26日 / 上映時間:83分 / 製作会社: / 配給:日活

★【スタッフ】
監督:行定勲
脚本:行定勲、堀泉杏
撮影:今井孝博
音楽:めいなCo.

★【キャスト】
板尾創路、芦那すみれ、岡村いずみ、田山由起、田嶋真弓、木嶋のりこ、西野翔、鶴巻紬、鈴木雄一郎

【無料動画】

映画『ジムノペディに乱れる』予告編

映画『ジムノペディに乱れる』予告編

(C)2016 日活


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼DMM見放題chライト(2週間無料)
▽今すぐ見る ⇒ リンク先のページへ
DMM

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

●映画の無料動画で夢心地
エリック・サティが1888年に作曲したピアノ独奏曲の「ジムノペディ」。第1番「ゆっくりと苦しみをもって」、第2番「ゆっくりと悲しさをこめて」、第3番「ゆっくりと厳粛に」という指示のとおり、とにかくゆったりしたメロディラインが特徴で淡々と時に悲しく切なく音が流れていく。そのペースと同じようにこの作品の感情も静かに動いていくため、一目の判断ではまるで何も変化のないドラマにも思える。しかし、それでも前に進んでいるのだ。
●映画フリー
メジャー感が強い監督とロマンポルノの組み合わせだなと最初は思ったが、行定勲監督はこういう人間の情念を浮き上がらせることが上手いし、そもそもセクシャルに踏み込んだ表現もためらう映画人ではないので、むしろ好きにやれるという意味ではぴったりだったかもしれない。セックスシーンはシリーズ中では最多クラスですが、欲が直接は見えないというか空虚なシーンに仕上げることでその虚しさも伝わる多面的な見せ方になっていました。
●OPENLOAD
ロマンポルノというのは、「10分に1回の性行為」「70分程度の上映時間」「モザイクやボカシを入れないように対処」という条件で描く作品群のことで、いわゆるアダルト作品とは全く趣も目的も違います。それを理解せずに勘違いして観ていると、的外れな不満につながるかもしれません。何も撮ることができない日々が続き、鬱屈した思いを抱える映画監督の古谷は女性の肌のぬくもりを求めていくというメタな作りも本作の特徴でしょうか。
●BILIBILI
板尾創路でエロティックな作品といえば「空気人形」を思い出す。こちらも性に感情のはけ口を求める醜い男の姿が映し出される。ポルノ映画ではなく、ロマンポルノであり、作風には一定のラインがひかれている。それを各作品ごとに楽しむのがおすすめなのだが、今作はセックス描写は秀逸で、とくに女優陣の美しさもあり、他作品よりも眩しさがある。芸術性という意味では狙いが比較的わかりやすく、そこまで尖っていないので見やすい部類だろう。