七人の侍

動画『七人の侍』を無料視聴

世界が認めた黒澤明の傑作

原題:七人の侍
製作:日本(1954年)
日本公開日:1954年4月26日
上映時間:207分
製作会社:
配給:
製作費:
興行収入:

【評価・受賞】
Rotten Tomatoes 100%

【あらすじ】
戦国時代の貧しい農村を舞台に、野盗と化した野武士に立ち向かうべく農民に雇われた侍たちの闘いを描いたアクション・時代劇。言わずと知れた黒澤明監督による日本映画を代表する傑作のひとつ。ジョージ・ルーカス、スティーブン・スピルバーグら世界の映画作家に多大な影響を与えた日本映画史に残る名作にして黒澤映画の金字塔。麦の刈入れが終わる頃。とある農村では野武士たちの襲来を前に恐怖におののいていた。百姓だけで闘っても勝ち目はないが、麦を盗られれば飢え死にしてしまう。百姓たちは野盗から村を守るため侍を雇うことを決断する。やがて、百姓たちは食べるのもままならない浪人たち7人を見つけ出し、彼らとともに野武士に対抗すべく立ち上がる…。

【スタッフ】
監督:黒澤明
脚本:黒澤明、橋本忍、小国英雄
撮影:中井朝一
音楽:早坂文雄

【キャスト】
三船敏郎、志村喬、津島恵子、藤原釜足、加東大介、木村功、千秋実、宮口精二、小杉義男、左卜全、稲葉義男、土屋嘉男、高堂国典、熊谷二良、富山晴子、東野英治郎、上田吉二郎、谷晃、中島春雄、多々良純、堺左千夫、渡辺篤、小川虎之助、千石規子、山形勲、上山草人、高木新平、大友伸、高原駿雄、大久保正信、大村千吉、杉寛、林幹、牧壮吉、千葉一郎、堤康久、宇野晃司、島崎雪子、仲代達矢

【動画】

Criterion Trailer 2: Seven Samurai

Criterion Trailer 2: Seven Samurai


▼動画リンク▼

【映画を見る】【動画を見る】

【toremaga(動画)】
airw.net(動画)
U-NEXT
dTV
Hulu
TSUTAYATV


にほんブログ村 動画紹介ブログ 映画動画へ

[PR] 動画配信サービスを試してみませんか
お試し期間中はさまざまな作品を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。作品の配信は期間限定なので登録はお早めに!

▼作品をより深く知る▼

【感想・批評】

映画の無料動画で夢心地(2016年1月4日) star_5
200分越えの超大作。しかし、この映画に詰まっているのはただのドラマだけではない。映画史に革命を引き起こしたパイオニア精神が重鎮しているのだ。野武士の略奪・襲撃に困り果てた百姓たちが侍たちを集め、雨と泥にまみれながら必死になって戦う。この作品の下地にあるのは常に反骨精神である。どんなに弱者であっても、工夫しだいに圧倒的な強者にさえ打ち勝てるのだ。これは単なる自己犠牲ではない。次につなげるための発展と進化を描くのだ。
映画フリー (2016年3月5日) star_5
今の映画の礎を築いた系の映画って、今見たらショボいんじゃないかと舐めてました。私がバカだったです。ハリウッドが腰抜かしたのも無理ないと思いました。哲学的な所をいちいち評価するまでもなく、まず映画として面白い。百姓を守る為に侍が仲間を集め、仲を深め、敵を倒す…この王道を確立し、しかも成功させた功績は尋常ではない。この作品が素晴らしいのはその背景や名声や影響力でなく、まず純粋に誰もが楽しめる最高に面白い映画だから。
BILIBILI (2016年5月6日) star_5
日本が誇る黒澤明の不朽の名作。54年公開とは思えない面白さ。単純明快ではあるが、見ず知らずの侍が村を守るため協力して奮闘するという設定が好き。60年以上たった今でも色褪せることない作品。「農民」という土着的なあり方を単に理想化するのではなくて、その汚さまで許容してしまう懐の大きさというか、作品性のタダモノじゃなさが恐ろしいくらいだ。ジャケットの豪胆な異端児である三船敏郎イメージがあるが、侍のリーダーである志村喬の渋みがたまらない。

【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合も、ブックマークするなどして、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする