マイノリティ・リポート

目玉を追いかけます!

原題:Minority Report
製作:アメリカ(2002年)
日本公開日:2002年12月7日
上映時間:145分
製作会社:Amblin Entertainment
配給:20世紀フォックス
製作費:1億200万ドル
興行収入:3億5800万ドル

★【評価】
90% Rotten Tomatoes

フィリップ・K・ディックの短編小説「マイノリティ・リポート」をスティーヴン・スピルバーグ監督がトム・クルーズ主演で映画化したSFサスペンス。2054年のワシントン。プリコグと呼ばれる予知能力者が未来の殺人を予知、犯罪予防局が未然に逮捕することで犯罪が90%減少していた。犯罪予防局のアンダートンは最もそのシステムを信じていたが、自分が見知らぬ男を殺すことを予知され、一転して追われる身に。彼はプリコグの一人を連れて逃亡するが…。

★【スタッフ】
監督:スティーブン・スピルバーグ
脚本:スコット・フランク、ジョン・コーエン
撮影:ヤヌス・カミンスキー
音楽:ジョン・ウィリアムズ

★【キャスト】
トム・クルーズ、コリン・ファレル、サマンサ・モートン、マックス・フォン・シドー、ロイス・スミス、ピーター・ストーメア、ティム・ブレイク・ネルソン、スティーヴ・ハリス、キャスリン・モリス、マイク・バインダー、ダニエル・ロンドン、ドミニク・スコット・ケイ、ニール・マクドノー、ジェシカ・キャプショー、パトリック・キルパトリック、ジェシカ・ハーパー、アシュレイ・クロウ、アリー・グロス

【無料動画】

マイノリティ・リポート – Trailer

マイノリティ・リポート - Trailer


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV
VOD9【Gyao】


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼Hulu(2週間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD4
Hulu
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV
▼auビデオパス(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
AuVideo

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

映画フリー (2016年1月12日) 
エンターテインメント性と社会風刺を両立させたスピルバーグにしかできない芸当がたっぷり詰まった超大作であり、これは確かに凄い映画でした。全ての犯罪が予測できたとしたら、それは平和なのか。そのシステムは信用できるのか。今のところそんな技術はありませんが、きっとこれはあらゆる技術に当てはまる問題です。そういう意味での先見性は素晴らしいし、どんなに優秀にみえるテクノロジーでも依存するの危険だという警鐘でしょう。
OPENLOAD (2016年1月16日) 
なかなか複雑なストーリーが展開され、最初は頭が混乱するかもだが見入ってしまうほど楽しめた。結末が見えてこないのがハラハラして良い。「未来は自分の意志で選び取れる」というのが一つのテーマなのだろうが、それを端的に表現した世界観とシナリオはお見事。AIが飛躍的に進歩する今、このようなフィクション話も全くの荒唐無稽と言えなくなってきているのが少し空恐ろしくもあり、いよいよ映画が現実になるときが近づいてきた気がする。
SPACEMOV (2016年1月18日) 
スピルバーグといえば悪趣味描写ですが、今作も健在。トム・クルーズが網膜を変えるシーンでは眼球がモロ出てきて何かとグロいし、その後の何も見えない状態でのアレを食べるシーンなんて完全にイジメの領域。施設侵入シークエンスでの目玉追いかけっこにいたってはなぜあの場面を入れたのか謎。子どもの無垢な心で非道なことをするこの巨匠、怖い…。ディストピア的に未来技術を見せるなど、監督の気質と作品の方向性が一致したからこその名作。
スピルバーグ

★【スティーヴン・スピルバーグ監督作 を総復習!】

  • 『激突!』(1971年)
  • 『続・激突! カージャック』(1974年)
  • 『ジョーズ』(1975年)
  • 『未知との遭遇』(1977年)
  • 『1941』(1979年)
  • 『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』(1981年)
  • 『E.T.』(1982年)
  • 『トワイライトゾーン 超次元の体験』(1983年)
  • 『インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説』(1984年)
  • 『カラー・パープル』(1985年)
  • 『太陽の帝国』(1987年)
  • 『インディ・ジョーンズ 最後の聖戦』(1989年)
  • 『オールウェイズ』(1989年)
  • 『フック』(1991年)
  • 『ジュラシック・パーク』(1993年)
  • 『シンドラーのリスト』(1993年)
  • 『ロスト・ワールド ジュラシック・パーク』(1997年)
  • 『アミスタッド』(1997年)
  • 『プライベート・ライアン』(1998年)
  • 『A.I.』(2001年)
  • 『マイノリティ・リポート』(2002年)
  • 『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』(2002年)
  • 『ターミナル』(2004年)
  • 『宇宙戦争』(2005年)
  • 『ミュンヘン』(2005年)
  • 『インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国』(2008年)
  • 『タンタンの冒険 ユニコーン号の秘密』(2011年)
  • 『戦火の馬』(2011年)
  • 『リンカーン』(2012年)
  • 『ブリッジ・オブ・スパイ』(2015年)
  • 『BFG ビッグ・フレンドリー・ジャイアント』(2016年)
  • 『ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書』(2017年)
  • 『レディ・プレイヤー1』(2018年)

サイトについて

シェアする

フォローする