実写版 まいっちんぐマチコ先生 ビバ!モモカちゃん!!

動画『実写版 まいっちんぐマチコ先生 ビバ!モモカちゃん!!』を無料視聴

教育実習生とのセクシー対決でもハプニング

原題:実写版 まいっちんぐマチコ先生 ビバ!モモカちゃん!!
製作:日本(2008年)
日本公開日:2008年8月(DVDスルー)
上映時間:76分
製作会社:
配給:
製作費:
興行収入:

★【あらすじ】
えびはら武司原作のお色気コミック「まいっちんぐマチコ先生」をグラビアアイドル・森下悠里が再びマチコ先生に扮した実写版シリーズのエロティック・コメディ。あらま学園にやって来た教育実習生のモモカにまつわるエピソード全6話。あらま学園に教育実習生のモモカがやってきた。マチコ先生のクラスの担当になったモモカは、早速、ケン太やカメ夫のエッチな攻撃を受けてビックリ。それでも、テンコやヒロミやマドカたちとはすっかり仲良くなるモモカ。天真爛漫なマチコ先生に憧れはじめたモモカは、彼女のような教師を目指すが…。

★【スタッフ】
監督:なにわ天閣
脚本:熊本浩武、えびはら武司

★【キャスト】
森下悠里、谷桃子、森山花奈、雨坪春菜、花木衣世、彩川まい、侑季、松下美保、種田ちえり、山岡達也、津田正広、和田武

【無料動画】

『実写版 まいっちんぐマチコ先生 ビバ! モモカちゃん!!』DVD予告編

『実写版 まいっちんぐマチコ先生 ビバ! モモカちゃん!!』DVD予告編


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】【フル動画を探す】

【more】
airw.net(動画)
U-NEXT
dTV
Hulu
TSUTAYATV
【Gyao】


映画動画紹介ブログ村

[PR] 動画配信サービスを試してみませんか

    ●人気急上昇中の動画配信サービス(VOD)!

  • 「見たい作品がある。または過去作や関連作を合わせて鑑賞したい。でも可能な限りお得に見たい。できればタダで…」そんなときに皆が利用しているのが動画配信サービスです。今では6人に1人が動画配信サービスを利用した経験があるという調査もあります。
  • 基本的に有料ですが、お試し期間中はさまざまな作品の映画動画を無料で視聴可能。もちろん期間内に解約すればお金はかかりません。作品の配信は場合によっては期間限定なので登録はお早めに!
    ●どの動画配信サービス(VOD)で見れるの?

  • 「動画配信サービスが便利なのはわかったけど、どの映画がどのサービスで見られるのかわからない…」そんなときは「フリムビ2」でチェックしましょう。
  • 以下に紹介されている動画配信サービスで視聴できる可能性が大。「VOD」と書かれたリンクから公式サイトに移動して実際の作品配信状況を確認しましょう。
▼U-NEXT(31日間無料お試し)
関連作や原作をオンラインでたっぷり楽しみ、作品をさらに満喫! ダウンロード視聴すれば、ネット環境の弱い場所でも気軽に鑑賞!
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
映画配信サービス比較 U-NEXT
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料お試し)
好きなタイミングで自由自在にレンタルもできる! DVDやブルーレイと同じハイ・クオリティの映像を家でのんびりチェック。
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
映画配信サービス比較 TSUTAYA
▼ビデオマーケット(1か月無料お試し)
オフィシャルでレンタル店より早く新作映画を楽しもう! 公式のセル・レンタル同時配信をいち早く確認しよう。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Videomarket
▼DMM見放題chライト(2週間無料お試し)
ムフフな動画をひとりでじっくり邪魔されずにどうぞ!
▽今すぐ見る ⇒ リンク先のページへ
映画配信サービス比較 DMM

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

映画の無料動画で夢心地(2016年1月8日) 
「実写版まいっちんぐマチコ先生 Go! Go! 家庭訪問!!」に続く森下悠里版まいっちんぐマチコ先生です。原作はお色気漫画ですが、少年誌に載っているぐらいで、中身は中学生くらいが妄想するHな展開というやつ。今の中学生は違うのかもですが。なのでそこまでエロティックなことはなし。それでも学習雑誌にパロディで登場したこともあるなど、昔はおおらかでした。こうやって性の知識は育まれていくのです。そんな先生にありがとうといいたい。
映画フリー (2016年1月9日) 
「まいっちんぐ」のセリフとポーズだけであらゆる子どもによるセクハラを受け止める強靭な心を持った教師の鏡。その鋼の精神がなせる技は、荒んだ教育社会に一筋の光をあてると同時に、指導者とはなんたるかという姿勢を見せる。一見すると、子どもの我儘を許す逆効果の行動に見えるが、その実態は行為への責任と自由の等価交換の関係性を示すものであり、子どもたちはいずれ知ることであろう自己責任の恐怖に打ち震えることをまだ知らないのだ。
BILIBILI (2016年1月10日) 
性に寛容な女性教師といえば「おっぱいバレー」を思い出しますが、この先生はとくに指導らしきことや成長をサポートすることはしていない気もするので、本当にただのオカズです。2008年の作品のせいか、それとも原作の製作年代のせいか、妙に古さを漂わすノリが昭和くさいのですが、どうなんでしょうか。これも味といえばそうなのかもしれないし、正直、こういう色気だけの疑似ポルノなライト作品はいつの時代もこんなものともいえるけれど。
DAILYMOTION (2016年1月14日) 
お色気ムンムン、とにかくみんな明るく元気で、とっても楽しそう。漫画的なリアクションを実写で何のアレンジも配慮もなくそのままぶっこんできているので、ものすごいオーバーで可笑しなことになっています。こんなのAVでもないよ。学芸会というよりは、ごくまれにTV番組である棒読み感溢れる単調な再現CG映像みたい。森下悠里は綺麗だし、相変わらず弾けていました。もう少し漫画を意識せずにリアルにしたうえで、また実写化してほしいです。

★【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合は、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする(感想コメントはこちらまで)

フォローする(最新更新情報をチェック)