アイズ ワイド シャット

動画『アイズ ワイド シャット』を無料視聴

巨匠スタンリー・キューブリックの遺作

原題:Eyes Wide Shut
製作:アメリカ(1999年)
日本公開日:1999年7月31日
上映時間:159分
製作会社:Pole Star
配給:ワーナー・ブラザース
製作費:6500万ドル
興行収入:

★【評価】
Rotten Tomatoes 74%

★【あらすじ】
巨匠スタンリー・キューブリックの遺作となった、ある夫婦の愛と性をめぐる心の相克を冷徹に映し出したドラマ。クリスマス前後のニューヨーク。ウィリアムとアリスは結婚して9年目。7歳になる娘ヘレナをもうけ、瀟洒なアパートメントに暮らしている。その晩、ウィリアムの知人であるヴィクターのパーティに出かけ、ウィリアムはふたりのモデルから誘惑されるが、ヴィクターから呼び出され、マンディというへロイン中毒になった娼婦の治療を頼まれる。

★【スタッフ】
監督:スタンリー・キューブリック(関連作品:『フルメタル・ジャケット』)
脚本:スタンリー・キューブリック、フレデリック・ラファエル
撮影:ラリー・スミス
音楽:ジョスリン・プーク

★【キャスト】
トム・クルーズ、ニコール・キッドマン、シドニー・ポラック、マリー・リチャードソン、ラデ・シェルベッジア、アラン・カミング、マディソン・エジントン、トーマス・ギブソン、トッド・フィールド、リーリー・ソビエスキー、ヴィネッサ・ショウ

【無料動画】

Eyes Wide Shut – Official Trailer [1999] HD

Eyes Wide Shut - Official Trailer [1999] HD


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】【フル動画を探す】

【more】
airw.net(動画)
U-NEXT
dTV
Hulu
TSUTAYATV


映画動画紹介ブログ村

[PR] 動画配信サービスを試してみませんか

    ●人気急上昇中の動画配信サービス(VOD)!

  • 「見たい作品がある。または過去作や関連作を合わせて鑑賞したい。でも可能な限りお得に見たい。できればタダで…」そんなときに皆が利用しているのが動画配信サービスです。今では6人に1人が動画配信サービスを利用した経験があるという調査もあります。
  • 基本的に有料ですが、お試し期間中はさまざまな作品の映画動画を無料で視聴可能。もちろん期間内に解約すればお金はかかりません。作品の配信は場合によっては期間限定なので登録はお早めに!
    ●どの動画配信サービス(VOD)で見れるの?

  • 「動画配信サービスが便利なのはわかったけど、どの映画がどのサービスで見られるのかわからない…」そんなときは「フリムビ2」でチェックしましょう。
  • 以下に紹介されている動画配信サービスで視聴できる可能性が大。「VOD」と書かれたリンクから公式サイトに移動して実際の作品配信状況を確認しましょう。
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料お試し)
好きなタイミングで自由自在にレンタルもできる! DVDやブルーレイと同じハイ・クオリティの映像を家でのんびりチェック。
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
映画配信サービス比較 TSUTAYA
▼dTV(31日間無料お試し)
DOCOMOだから安心。原作漫画なども合わせて楽しめる! 通勤中や移動中でも通信量を気にしなくてもOK。
▽今すぐ見る ⇒ VOD4
映画配信サービス比較 dTV
▼auビデオパス(30日間無料お試し)
話題の映画・ドラマ・アニメが大量に見放題! 540円相当のビデオコインもゲットできます。
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
映画配信サービス比較 Au
▼ビデオマーケット(1か月無料お試し)
オフィシャルでレンタル店より早く新作映画を楽しもう! 公式のセル・レンタル同時配信をいち早く確認しよう。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Videomarket
▼Amazonビデオ(30日間無料お試し)
豊富なコンテンツを4K Ultra HD画質でも再生可能!アマゾンの他のサービスも利用できてお得です。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Amazon

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

映画の無料動画で夢心地(2016年1月1日) 
キューブリックはなぜ天才なのかなんて私には考える脳みそはないけど、この作品がとんでもない名作なのは理解できる。意味深なシーンが多いので、彼の作品の中でも最も難解と言われるが、キューブリック作はいつも何かしらの隠喩を含み、表面ではわかりえない内容が込められているので毎度のことなのかもしれません。一番、好きなシーンは、あの仮面集団のパーティー。本当に気味が悪いからこそゾッとする。人間の歪みがねっとりとでていました。
SPACEMOV (2016年1月4日) 
トム・クルーズはこの作品に出演したことをどう思っているのだろうか。カルト宗教にハマっていた彼であれば、何を考えているかも掴めませんが。頭に焼きつくあのピアノの旋律。目を開いて閉じることはできるのかは不明だが、音は嫌でも耳に入ってくる。監督らしい不思議な感覚で取り憑かれてしまうような感覚になるのも無理はない。トム・クルーズではないけれど、私もまたこの映画のカルトな雰囲気にハマって抜け出せなくなっているのです。
DAILYMOTION (2016年1月5日) 
男と女の虚像を暴き出す巨匠の最期のモンスター。「妻は自分に一途だ。そもそも女性は目の前の欲望や誘惑、とりわけ性欲に溺れることはない。他の男は欲望に飲まれることはあるが、自分は妻のために耐えられる、溺れることなどない」この男にありがちな勘違い的な自惚れが、夫婦という関係性を存在させているのなら、なんて皮肉なのか。ラストの「私たちにとって大事なことを、今すぐにやらなきゃいけない」というくだり含めて、これは夢なのかも。

★【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合は、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする(感想コメントはこちらまで)

フォローする(最新更新情報をチェック)