時計じかけのオレンジ

動画『時計じかけのオレンジ』を無料視聴

キューブリックが描くもうひとつの未来

原題:A Clockwork Orange
製作:アメリカ(1971年)
日本公開日:1972年4月29日
上映時間:137分
製作会社:Polaris Productions
配給:ワーナー・ブラザース
製作費:
興行収入:

★【評価】
Rotten Tomatoes 90%

★【あらすじ】
原作者のアンソニー・バージェス自身が”危険な本”と語った同名の小説を映像化。非行少年による暴力が横行する近未来のロンドン。アレックスも仲間を引き連れ、喧嘩とレイプに明け暮れる日々を過ごしている。ある夜、中年女性を死に至らしめた彼は刑務所行きに。しかし2年後、とある治療法の被験者になることを条件に、社会に戻ることを許されるが…。

★【スタッフ】
監督:スタンリー・キューブリック
撮影:ジョン・オルコット
音楽:ウェンディ・カーロス

★【キャスト】
マルコム・マクダウェル、ジェームズ・マーカス、ポール・ファレル、リチャード・コンノート、パトリック・マギー、マイケル・ベイツ、エイドリアン・コリ、ウォーレン・クラーク、ミリアム・カーリン、オーブリー・モリス、スティーヴン・バーコフ、ゴッドフリー・クイグリー、フィリップ・ストーン

【無料動画】

A Clockwork Orange (1971) HD Trailer (1080p)

A Clockwork Orange (1971) HD Trailer (1080p)


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】【フル動画を探す】

【more】
airw.net(動画)
U-NEXT
dTV
Hulu
TSUTAYATV


映画動画紹介ブログ村

[PR] 動画配信サービスを試してみませんか

    ●人気急上昇中の動画配信サービス(VOD)!

  • 「見たい作品がある。または過去作や関連作を合わせて鑑賞したい。でも可能な限りお得に見たい。できればタダで…」そんなときに皆が利用しているのが動画配信サービスです。今では6人に1人が動画配信サービスを利用した経験があるという調査もあります。
  • 基本的に有料ですが、お試し期間中はさまざまな作品の映画動画を無料で視聴可能。もちろん期間内に解約すればお金はかかりません。作品の配信は場合によっては期間限定なので登録はお早めに!
    ●どの動画配信サービス(VOD)で見れるの?

  • 「動画配信サービスが便利なのはわかったけど、どの映画がどのサービスで見られるのかわからない…」そんなときは「フリムビ2」でチェックしましょう。
  • 以下に紹介されている動画配信サービスで視聴できる可能性が大。「VOD」と書かれたリンクから公式サイトに移動して実際の作品配信状況を確認しましょう。
▼U-NEXT(31日間無料お試し)
関連作や原作をオンラインでたっぷり楽しみ、作品をさらに満喫! ダウンロード視聴すれば、ネット環境の弱い場所でも気軽に鑑賞!
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
映画配信サービス比較 U-NEXT
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料お試し)
好きなタイミングで自由自在にレンタルもできる! DVDやブルーレイと同じハイ・クオリティの映像を家でのんびりチェック。
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
映画配信サービス比較 TSUTAYA
▼dTV(31日間無料お試し)
DOCOMOだから安心。原作漫画なども合わせて楽しめる! 通勤中や移動中でも通信量を気にしなくてもOK。
▽今すぐ見る ⇒ VOD4
映画配信サービス比較 dTV
▼ビデオマーケット(1か月無料お試し)
オフィシャルでレンタル店より早く新作映画を楽しもう! 公式のセル・レンタル同時配信をいち早く確認しよう。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Videomarket
▼Amazonビデオ(30日間無料お試し)
豊富なコンテンツを4K Ultra HD画質でも再生可能!アマゾンの他のサービスも利用できてお得です。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Amazon

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

映画の無料動画で夢心地(2016年1月3日) 
アンソニー・バージェスが書いたディストピア小説の傑作を基に、映像の魔術師のキューブリックが映画化した不朽の名作。まさに「ザ・カルト映画」という感じで強烈にクレイジーな作品になっている。キューブリックの作品ならではの独特な近未来観やデザイン、そして斬新なカメラワークと演出。恐らく当時としてはショッキングであったであろう暴力シーンや露骨な性描写すら、キューブリックが手がけると美しさを携えるから怖い。
無料ホームシアター(2016年2月5日) 
この作品は原作者であるバージェスが、執筆当時のイギリスでちょうど巻き起こっていた“モッズ・ムーブメント”に触発されて描いた作品らしいが、慾望に翻弄されやすい若者たちの暴力や犯罪、そして“洗脳”というかたちでそうした者たちをも管理下に治めようとするディストピアな社会のおぞましさが、かなりデフォルトされたスタイルに転化されているとはいえ上手く表現された秀作だと思う。
OPENLOAD (2016年3月8日) 
暴力やセックスなど、欲望の限りを尽くす荒廃した自由放任と、管理された全体主義社会とのジレンマを描いた、サタイア(風刺)的なブラック作品。近未来を舞台設定にしているが、あくまでも普遍的な社会をモチーフにしており、例えば現代のネット社会にも普通に当てはまるだろう。
STREAMIN (2016年4月2日) 
少年非行の代償として主人公が転落して行く様が描かれているのに、公開当時、これに影響を受けた犯罪が多発したのは面白い。それだけこの映画が描く犯罪が一周廻って魅力を発してしまったということ。まさにこの映画自体がルドヴィコ療法的な影響力を兼ね備えた狂気の存在だったのだ。そんな作品を平然と作ってしまうキューブリックはおそるべし。

★【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合は、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする(感想コメントはこちらまで)

フォローする(最新更新情報をチェック)