Pick Up NEWS!

 

映画ドラえもん のび太と緑の巨人伝

動画『映画ドラえもん のび太と緑の巨人伝』を無料視聴

映画ドラえもん のび太と緑の巨人伝

原題:映画ドラえもん のび太と緑の巨人伝
製作:日本(2008年)
日本公開日:2008年3月8日
上映時間:112分
製作会社:
配給:
製作費:
興行収入:

【評価・受賞】
 Doraemon: Nobita to midori no kyojinden
(2008) on IMDb
Rotten Tomatoes ??%

【あらすじ】
2005年に声優陣やキャラクターデザインをリニューアルした「ドラえもん」新シリーズの劇場版第3弾。過去作品をリメイクした前2作とは異なり、劇場版オリジナルのストーリーが展開する。裏山で苗木を拾ったのび太は、ドラえもんの道具で自由に動き回れるようになったその苗木に“キー坊”と名付け育て始める。ある日キー坊を連れて裏山を訪れたのび太たちは、突然現われた巨大な渦に飲み込まれ、植物が支配する“緑の星”に辿り着く。

【スタッフ】
総監督:楠葉宏三
監督:渡辺歩
脚本:大野木寛
音楽:沢田完

【キャスト(キャラクター)】
水田わさび(ドラえもん)、大原めぐみ(のび太)、木村昴(ジャイアン)、関智一(スネ夫)、かかずゆみ(しずか)、三石琴乃(のび太のママ)、松本保典(のび太のパパ)、堀北真希(リーレ)、キー坊(吉越拓矢)、三宅裕司(長老ジィ)、大塚周夫(シラー)

【動画】


▼動画リンク▼

映画を見る】【動画を見る

airw.net(動画)
toremaga(動画)
U-NEXT
dTV
Hulu
TSUTAYATV


▼作品をより深く知る▼

【感想・批評】

名無しさん(2016年1月2日) star_5
ドラえもんの声優陣が一新されて、新のび太の恐竜・新魔界大冒険に続く三作目。わさびドラ初の原作不在な完全オリジナル作品であり、期待と不安が入り混じる一作でした。テーマであるエコロジーに対して説教臭いところがあるが、これは当時は確かそういうのが流行だった気がする。地球温暖化問題がクローズアップされた年だったし、時代的なメッセージ性といえるだろう。ドラえもんも世相を反映するのだなと思ったし、今、藤子・F・不二雄が生きていたらどう思うのだろうか。
シアターさん(2016年1月8日) star_5
テレビアニメの「さらばキー坊」や映画「雲の王国」にも出演しているキー坊がメインの映画です。ここのキー坊がとにかくかわいく、愛嬌を振りまきます。どことなく某ジブリ映画に通じるものを感じるのは気のせいじゃないでしょう。新ドラえもんは作画が半端ないのですが、今作はダントツですごい。見てみればわかります。キャラの細かい動きももちろん、背景や小道具一つ一つの書き込みようがこっていて、変なところも作画が半端なくて、終盤に意図的な作画崩壊がある場面が際立ちます。

にほんブログ村 動画紹介ブログ 映画動画へ

FC2Rank



[PR] 動画配信サービスを試してみませんか
※お試し期間中はさまざまな作品を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。

  • U-NEXT
映画配信サービス比較 U-NEXT

  • TSUTAYA DISCAS/TV
映画配信サービス比較 TSUTAYA

  • dTV
映画配信サービス比較 dTV

  • Hulu
映画配信サービス比較 Hulu


【サイト利用上の注意】
  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合も、ブックマークするなどして、コンテンツ更新をお待ちください。