おくりびと

世界が拍手をおくった、日本の死生

遺体を棺に納める“納棺師”という職業を通して、様々な死と向き合い人生をみつめるヒューマンドラマ。ひょんなことから納棺師の見習いとなった元チェリストの大悟は、妻の美香には冠婚葬祭の仕事とごまかして働いていた。

原題:おくりびと / 製作:日本(2008年) / 日本公開日:2008年9月13日 / 上映時間:130分 / 製作会社: / 配給:

★【スタッフ】
監督:滝田洋二郎
脚本:小山薫堂
撮影:浜田毅
音楽:久石譲

★【キャスト】
本木雅弘、広末涼子、山崎努、余貴美子、杉本哲太、峰岸徹

【無料動画】

「おくりびと」 予告編

「おくりびと」 予告編


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT×】
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV×】
VOD8【au-Video×】


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼auビデオパス(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
AuVideo

▼作品をより深く知る▼

★【評価】
Rotten Tomatoes 81%

第81回アカデミー賞で外国語映画賞を受賞。
第32回日本アカデミー賞で作品賞、監督賞、脚本賞、主演男優賞、助演男優賞、助演女優賞を受賞。

★【感想・批評】

名無しさん(2010年1月3日) 
この作品を観て、「死生観が変わった」と感じた人が多いそうです。本木雅弘が演じる大悟が就く「納棺師」という仕事は、死者に化粧を施し、あの世に送り出すという特殊なものなんですね。主人公の大悟も初めから「納棺師」だったわけではなく、特殊な仕事に懸命に取り組みながら、彼が成長する姿もまた、この作品の見どころでありましょう。アカデミー賞外国語映画賞を獲得した、偉大な映画。単純に泣けて、心が晴れやかになる良い映画でした。これはいつの時代になっても名作であり続けるでしょう。
名無しさん(2010年4月9日) 
監督の技量というか、単純に作品作りが上手くて、作品自体が素晴らしい出来です。しかし、題材というか、見せ方もそうですが、日本人独特の死生観や宗教的意味合い、死に化粧などの独特の儀式…日本人にしか撮れないというか、日本人こそが撮らなければいけない映画だと感じました。名作はどれもそうですが、2時間かそこいらの時間で、色々な事を考えさせてくれたり、気付きや発見を残してくれたり、観終わった後に、多少の気持ちの変化を与えてくれる。この作品自体も非常に奥行きがあり、観終わった後に、ホント映画っていいものだな~としみじみと再認識させてくれる素晴らしい名作でした。