戦場のメロディ

動画『戦場のメロディ』を無料視聴

全てを失った子どもたちの歌

原題:Thinking of My Older Brother
製作:韓国(2016年)
日本公開日:2016年10月29日
上映時間:124分
製作会社:
配給:
製作費:
興行収入:

【あらすじ】
韓国の男性アイドルグループ「ZE:A」のイム・シワン主演で、朝鮮戦争で全てを失った子どもたちによる「児童合唱団」の歌声が人々の心を癒していく姿を、実話をもとに描いたヒューマンドラマ。朝鮮戦争真っただ中の1952年、家族も戦友も失い失意のどん底にいたハン・サンヨル少尉は、最前線から釜山に転属となる。そこで彼は、両親を亡くした戦災孤児たちの世話という任務に就く。音楽が得意なサンヨルは、子どもたちを集めて合唱団を作り、歌を教えることを思い付き、最初はぎこちなかった子どもたちも、次第に笑顔になっていく。そんな合唱団が、死と隣り合わせの最前線で戦地で慰問公演を行うこととなり…。

【スタッフ】
監督:イ・ハン
脚本:イ・ウンジョン
撮影:ホン・ジェシク
音楽:イ・ジェジン

【キャスト】
イム・シワン、コ・アソン、イ・ヒジュン

【動画】


▼動画リンク▼

映画を見る】【動画を見る

airw.net(動画)
toremaga(動画)
U-NEXT
dTV
Hulu
TSUTAYATV


▼作品をより深く知る▼

【感想・批評】

映画の無料動画で夢心地(2016年11月10日) star_5
音楽を題材にした韓国の戦争映画で、とくに身構えるような極端なシリアスさもない、朝鮮戦争下で戦争孤児となった子どもたちの児童合唱団を題材にした作品です。合唱って現代では学校行事のひとつという存在だけど、当時は人を癒し、励ます役割があったのですね。涙を誘われます。幼い兄妹の成長を主軸として、涙腺を刺激するドラマは最高です。やはり歌ものはずるい。どうしたってクライマックスで音楽が効いてくれば泣けてくるじゃないですか。
映画フリー (2016年11月12日) star_5
このハーモニーは戦争の歪みから平和へと転化させていく物語の鍵になっていく。主人公がどのような経緯で軍隊に入ったか、戦線でどんな体験をしたか、このパートが冒頭で結構長く描かれ、戦争シーンには重きを置いていてさすが韓国映画。抜かりはなし。リアリティのある爆撃、銃撃戦、ナイフでのフルアクション。戦場場面にもじゅうぶん期待してみても満足できるでしょう。大きな魅力となった子供達の歌う歌が明るいのが対比になってます。
OPENLOAD (2016年11月16日) star_5
大人たちの始めた戦争に犠牲になった辛い立場の子供たち。親を殺され、兄弟を殺され、戦争孤児になった辛さは今もなお続く子供たち。それでも彼らの歌声は明るく健やかで、疲れ荒んだ兵士たちの心の慰めになる。ハン少尉がいがみ合う2人の子供に言った言葉。「大人たちが悪いのであって、おまえたちには関係ない。おまえたちは悪くない」。そのとおりで頷きながら涙が頬を伝っていく。そして想いも伝染していくのだった。
SPACEMOV (2016年11月19日) star_5
歌は世界を変えることはできない。ただ、誰か一人の人生を変えることはできる。背中を押すことができる。そういう面で見るとやはり歌は素晴らしい。戦争の最前線で歌った戦争孤児はどんな気持ちだっただろうか。きっと、両親や家族を失った戦争を憎みながら歌ったのではないか。ぐさりとくる辛さもあるし悲しい物語なんだけど、印象に残るシーンも多く、和ませてくれる所も割とあったりで、すごく見応えがありました。

にほんブログ村 動画紹介ブログ 映画動画へ

FC2Rank



[PR] 動画配信サービスを試してみませんか
※お試し期間中はさまざまな作品を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。

  • U-NEXT
映画配信サービス比較 U-NEXT

  • TSUTAYA DISCAS/TV
映画配信サービス比較 TSUTAYA

  • dTV
映画配信サービス比較 dTV

  • Hulu
映画配信サービス比較 Hulu


【サイト利用上の注意】
  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合も、ブックマークするなどして、コンテンツ更新をお待ちください。