エレクトリック・ミスト 霧の捜査線

トミー・リー・ジョーンズ主演クライムサスペンス

原題:In the Electric Mist
製作:フランス・アメリカ(2009年)
日本公開日:DVDスルー
上映時間:117分
製作会社:Ithaca Pictures
配給:
製作費:
興行収入:

ジェームズ・リー・バークのベストセラー「エレクトリック・ミスト」を映画化。アメリカ南部を舞台に、過去の記憶に囚われつつも事件を追う刑事を描くクライム・サスペンス。アメリカ・ルイジアナ州。刑事デイヴ・ロビショーは、若い女性を狙った連続レイプ殺人犯を追っていた。ある日、事件現場からの帰宅中に南北戦争の映画の撮影で現地を訪れていた俳優のエルロッド・サイクスに出会う。彼は、湿地帯で黒人男性の白骨死体を発見したとデイヴに告白。現場に足を運んだその瞬間、デイヴに学生時代の苦い記憶が蘇る。現実の事件を追いつつも、記憶の中の殺人事件の真相を探ろうと動き出すデイヴだが、その映画に投資している怪しげな男から執拗な妨害に遭い、孤独な戦いを強いられていく…。

★【スタッフ】
監督:ベルトラン・タベルニエ
脚本:イエジー・クロモロウスキ、メアリー・オルソン=クロモロウスキ
撮影:ブリュノ・ド・ケイゼル
音楽:マルコ・ベルトラミ

★【キャスト】
トミー・リー・ジョーンズ、ジョン・グッドマン、ピーター・サースガード、ジョン・セイルズ、ネッド・ビーティ、ジェームズ・ギャモン、レボン・ヘルム

【無料動画】

エレクトリック・ミスト 霧の捜査線(字幕版)(プレビュー)

エレクトリック・ミスト 霧の捜査線(字幕版)(プレビュー)


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

映画FUN (2016年1月12日) 
日本ではすっかり宇宙人扱いなトミーリージョーンズですが、ちゃんとした俳優なんです。しかも、なかなか硬派な映画に出るような渋い存在なのです。それを再確認するためにも、こういう真面目な映画もみてあげてください。にしたって、日本では劇場で公開していないあたり、日本は本当にこの俳優を好きなのか疑問ですけどね。CMでは起用してるのだから、メインの映画業も応援してあげればいいのに。これもまた世知辛い世の中なのでしょうか。
OPENLOAD (2016年1月14日) 
なんという人間的な生っぽさのある作品。各場面の状況説明における無駄なショットの無さが目に焼き付くように際立つのだが、語るだけなら挿入する必要のないような、ずれたショットも随所にあるのが上手いバランスとして味付けになり、心地よい。昨今の米南部の沼沢地ものは少ない気もするが、こういう映画をどんどん出していくべき。今の時代はとくに。今作はバイオレンス度が多めで、ハードなリアルサスペンスが楽しめる一作でした。
DAILYMOTION (2016年1月15日) 
全体的に抑揚は余り無いし、細かい部分の描写は足りて無いし、そう言う意味では分かりにくい作品かも。しかし、それがこの映画の魅力でもあります。なんでもエンタメっぽくハッキリしたドラマが絶対にいいとは限らないし、たまにはこういう映画も見ないとね。ごく普通の刑事ドラマを観る心持ちで観れば、意外と面白い作品では有ると思いますし、アメリカの闇をじゅうぶん体感できる、嫌な雰囲気系の犯罪映画としては上々の出来じゃないですか。