11ミリオン・ジョブ

アメリカ犯罪史上最高額の強盗事件を描く

原題:Empire State
製作:アメリカ(2013年)
日本公開日:2014年5月(DVDスルー)
上映時間:94分
製作会社:Grindstone Entertainment Group
配給:
製作費:
興行収入:

★【あらすじ】
1982年に実際に起きたアメリカ史上最高額1100万ドルの現金強奪事件をモチーフに描いたクライムサスペンス。警官志望の青年クリスは過去の逮捕歴のせいで警察学校の入学試験が受けられず、仕方なく警備会社で働くことに。そんなある日、現金の輸送中に強盗に襲われ、同僚が殺されてしまう。自らも銃撃されて大怪我を負ったクリスは、会社側の不誠実な対応に不満を募らせていく。そんな中、クリスは親友エディが企てた現金強盗計画に巻き込まれてしまう。

★【スタッフ】
監督:ディート・モンティエル
脚本:アダム・メイザー
撮影:デイナ・ゴンザレス
音楽:デビッド・ウィットマン

★【キャスト】
リアム・ヘムズワース、ドウェイン・ジョンソン、エマ・ロバーツ、ニッキー・リード、マイケル・アンガラノ、ポール・ベン=ヴィクター、ジェリー・フェレーラ、マイケル・リスポリ、ウェイン・ペレ

【無料動画】

『11ミリオン・ジョブ』予告編

『11ミリオン・ジョブ』予告編


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】【フル動画を探す】

【more】
airw.net(動画)
U-NEXT
dTV
Hulu
TSUTAYATV


映画動画紹介ブログ村

[PR] 動画配信サービスを試してみませんか

    ●人気急上昇中の動画配信サービス(VOD)!

  • 「見たい作品がある。または過去作や関連作を合わせて鑑賞したい。でも可能な限りお得に見たい。できればタダで…」そんなときに皆が利用しているのが動画配信サービスです。今では6人に1人が動画配信サービスを利用した経験があるという調査もあります。
  • 基本的に有料ですが、お試し期間中はさまざまな作品の映画動画を無料で視聴可能。もちろん期間内に解約すればお金はかかりません。作品の配信は場合によっては期間限定なので登録はお早めに!
    ●どの動画配信サービス(VOD)で見れるの?

  • 「動画配信サービスが便利なのはわかったけど、どの映画がどのサービスで見られるのかわからない…」そんなときは「フリムビ2」でチェックしましょう。
  • 以下に紹介されている動画配信サービスで視聴できる可能性が大。「VOD」と書かれたリンクから公式サイトに移動して実際の作品配信状況を確認しましょう。
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料お試し)
好きなタイミングで自由自在にレンタルもできる! DVDやブルーレイと同じハイ・クオリティの映像を家でのんびりチェック。
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
映画配信サービス比較 TSUTAYA
▼ビデオマーケット(1か月無料お試し)
オフィシャルでレンタル店より早く新作映画を楽しもう! 公式のセル・レンタル同時配信をいち早く確認しよう。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Videomarket
▼Netflix(1か月無料お試し)
他にはないオリジナル作品も完備していて、世界トップクラスのラインナップ!
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Netflix
▼Amazonビデオ(30日間無料お試し)
豊富なコンテンツを4K Ultra HD画質でも再生可能!アマゾンの他のサービスも利用できてお得です。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Amazon

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

映画の無料動画で夢心地(2016年1月11日) 
豪華なキャストを並べて描くのは消えた1100万ドルの真相か、それとも事件の意外な実態か。製作に本作の主人公にあたる本人が参加しているのは真実のネタ晴らしのつもりなのかもしれませんが、逆に疑いたくなってきます。要するにそこまでマジになってみるものではなく、気楽に話を聞いてあげるくらいの感覚でいいんでしょう。ドウェイン・ジョンソンが普通に刑事をやっているのですから、もっと暴れてほしいのが正直な本音ですけどね。
映画フリー (2016年2月11日) 
1100万ドルというとんでもない大金を巡って主人公サイド、良くない友達サイド、地元のチンピラ、悪そうな強盗団、一応仕事で追いかける警察がクロスしまくって、大混乱。警備会社でありながらザル過ぎる稚拙な警備状態を逆に利用した強盗というのは、頭がいいのか悪いのか、なんだか微妙な気分。娯楽映画としては地味なので、この事実かもしれないけどあっさりな犯罪計画をどう受け止めればいいのか困ってくるのは私だけですか。
OPENLOAD (2016年4月11日) 
劇場未公開ですが、それも理解できなくはないかなりのローテンションになってしまう作品でした。ドウェイン・ジョンソンが出ているというだけで大興奮なマッスル・ファンは問題ないと思いますが。エマ・ロバーツも出演していますが、あまり役者同士で絡んでくるものでもないので、もったいないですね。個人的には淡々と進むストーリー展開に目が食い入るようにハマり、1つの事件から芋づる式に大事件へと発展するのは興味深かったです。
DAILYMOTION (2016年4月19日) 
エンターテイメント性に欠けるという意見もありますが、最初からそれを狙っている作品ではないのでしょう。俳優のキャスティングのせいで、そんなミスリードを誘ってしまうのが問題で。この作品の本質は、どんなに異例のセンセーショナルな事件で顛末は意外にあっけないものだよという、映画的なドラマを否定する真逆のメッセージな気がします。リアム・ヘムズワースはこの作品で久しぶりに見ました。当然ですけど、似ているな~。

★【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合は、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする(感想コメントはこちらまで)

フォローする(最新更新情報をチェック)