美術館を手玉にとった男

動画『美術館を手玉にとった男』を無料視聴

本物の贋作は芸術なのか

原題:Art and Craft
製作:アメリカ(2014年)
日本公開日:2015年11月21日
上映時間:89分
製作会社:
配給:
製作費:
興行収入:

【評価・受賞】
Rotten Tomatoes 91%

【あらすじ】
全米46カ所の美術館を30年にわたって騙し続けた贋作作家マーク・ランディスを描いたドキュメンタリー。2011年、アメリカ各地の美術館に展示されていた数々の名作が、ある男が造ったニセモノだったことが判明した。このセンセーショナルな事件に全米のメディアは騒然となりFBIも捜査に乗り出すが、その男マーク・ランディスがすべての作品を無償で寄贈していたため、罪に問われることはなかった。美術界に造詣の深いジェニファー・グラウスマン監督とサム・カルマン監督が謎の男ランディスの素顔に迫り、ランディス本人や事件に関わった人々の姿を通して社会の歪みを浮かび上がらせていく。

【スタッフ】
監督:サム・カルマン、ジェニファー・グラウスマン
撮影:サム・カルマン
音楽:ステファン・ウルリッヒ

【キャスト】
マーク・ランディス、マシュー・レイニンガー、アーロン・コーワン、ジョン・ギャッパー

【動画】


▼動画リンク▼

映画を見る】【動画を見る

airw.net(動画)
toremaga(動画)
U-NEXT
dTV
Hulu
TSUTAYATV
au-Video


▼作品をより深く知る▼

【感想・批評】

名無しさん(2016年1月5日) star_5
私はこの作品、ハマりました。題名は「YOU KNOW」でも、なんだか粋で良かったんじゃないかな、なんて思ったり。英語の得意な人は翻訳を見ないで一度鑑賞すると良いのかも。蓋を開けてみればとても繊細で、1人の贋作画家の孤独な精神の揺らぎに迫っている。実際のドラマや映画のシーンを織り交ぜたり、音楽がお洒落なのも手伝ってフィクションを観ているような感覚でもあった。贋作を寄付するという行為が、彼と世界を繋ぐ唯一の糸のように見えた。「尊厳を踏みにじられた」と嘆く姿が寂しい。
シアターさん(2016年1月9日) star_5
映画は主人公の贋作画家マーク・ランディスのこの一言からはじまる。“Nothing’s original under the sun. Everything goes back to something.”「オリジナルなんて存在しない。全て元ネタがある。」贋作を売るランディスを4年も追う男は言う。「奇妙だが彼の目的は金じゃない。プロを騙して、贋作の展示を楽しむ。」なんかスゴイ世界だけど、これも芸術の形なのだろうか。少なくとも信念があるのは確かです。意外と深い話でした。

にほんブログ村 動画紹介ブログ 映画動画へ

FC2Rank



[PR] 動画配信サービスを試してみませんか
※お試し期間中はさまざまな作品を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。

  • U-NEXT
映画配信サービス比較 U-NEXT

  • TSUTAYA DISCAS/TV
映画配信サービス比較 TSUTAYA

  • dTV
映画配信サービス比較 dTV

  • Hulu
映画配信サービス比較 Hulu


【サイト利用上の注意】
  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合も、ブックマークするなどして、コンテンツ更新をお待ちください。