ウェイティング・フォー・スーパーマン/スーパーマンを待ちながら

動画『ウェイティング・フォー・スーパーマン』を無料視聴

その教育は子どものためになるのか

原題:Waiting for Superman
製作:アメリカ(2010年)
日本公開日:2010年9月(DVDスルー)
上映時間:111分
製作会社:
配給:
製作費:
興行収入:

【評価・受賞】
Rotten Tomatoes 89%

【あらすじ】
「不都合な真実」でアカデミー賞を受賞した監督が、アメリカの公立学校システムの実態に迫った衝撃作。『スーパーマンを待ちながら(スーパーマンを待ちわびて)』という邦題でも放送されている。さまざまな境遇にある数人の生徒たちの姿を追った物語は観客の心を揺さぶり、問題を抱える教育システムを根本的に変えていこうとするムーブメントを引き起こした。大学に進学できない「不適格者」の烙印におびえるシリコンバレーの中学2年生エミリー。ブロンクスに住む小学1年生フランシスコの母親は、息子に貧しい生活から抜け出すチャンスを与えるためならどんな努力もいとわない。

【スタッフ】
監督:デイビス・グッゲンハイム

【キャスト】

【動画】


▼動画リンク▼

映画を見る】【動画を見る

airw.net(動画)
toremaga(動画)
U-NEXT
dTV
Hulu
TSUTAYATV


▼作品をより深く知る▼

【感想・批評】

シアターさん(2016年2月9日) star_5
自由と平等の国で起きている不自由で不平等な教育についてのドキュメンタリー映画です。アメリカの教育体制や子どもの貧困、現実が分かりやすく説明されています。それでいて小難しいトーンになることなく、しっかり疑問や課題を提示してもくれる。都市と市街地の教育の格差を知ってから見ると、見方が180度変わるのではないでしょうか。アメリカと日本は環境が違うけれど、きっと差の問題はあるはず。本当にあるべき教育の姿は何なのか。深く考えさせられます。
海外組みさん(2016年2月15日) star_5
この映画は、教師に対するこの国の教育の問題を責めるものではありませんでした。システムの問題点を示しています。それは、場合によっては生徒に対する教師のニーズを保護するシステムです。私たちは皆、教師が非常にうまく収入を得られないことを知っていますが、教師としてのキャリアにとっては多くの面白い点があり、才能ある人が多いためにこの分野に入る人もいます。このドキュメンタリーは、壊れた家族と日常的な財政闘争をしている都心の子供たちを代表する5人の公立学校の子供たちに焦点を当てています。

にほんブログ村 動画紹介ブログ 映画動画へ

FC2Rank



[PR] 動画配信サービスを試してみませんか
※お試し期間中はさまざまな作品を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。

  • U-NEXT
映画配信サービス比較 U-NEXT

  • TSUTAYA DISCAS/TV
映画配信サービス比較 TSUTAYA

  • dTV
映画配信サービス比較 dTV

  • Hulu
映画配信サービス比較 Hulu


【サイト利用上の注意】
  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合も、ブックマークするなどして、コンテンツ更新をお待ちください。