鴨川ホルモー

動画『鴨川ホルモー』を無料視聴

原題:鴨川ホルモー
製作:日本(2009年)
日本公開日:2009年4月18日
上映時間:113分
製作会社:
配給:
製作費:
興行収入:

【あらすじ】
「鹿男あをによし」が直木賞候補になった作家・万城目学の同名デビュー作を映画化。二浪の末に京都大学に入学した安倍は、ひょんなことから、1000年前から伝わる“オニ”と呼ばれる生き物を使った謎の競技“ホルモー”を繰り広げるという怪しいサークル“京大青竜会”に入部。当初は半信半疑のまま、先輩に言われるままに“オニ”を使役するための特訓に明け暮れる安倍だったが…。

【スタッフ】
監督:本木克英
脚本:経塚丸雄
撮影:江原祥二
音楽:周防義和

【キャスト】
山田孝之、栗山千明、濱田岳、石田卓也、芦名星、斉藤祥太、斉藤慶太

【動画】

鴨川ホルモー(予告)

鴨川ホルモー(予告)

【映画を見る】【動画を見る】

【toremaga(動画)】
airw.net(動画)
U-NEXT
dTV
Hulu
TSUTAYATV
au-Video
【Gyao】

【感想・批評】

名無しさん(2010年1月12日) star_5
奇抜な設定×王道・直球の青春物語。登場人物は、ある意味典型的な方々なんだけど、この登場人物にこの役者を当てるなら、こういう展開になるんじゃないかというのを外してくれる。だから興味の持続ができてずっと楽しい。なんの躊躇もなく鬼も出てくるし、普通に皆さん操るし。ちょっと下品なとこもあるし。それにしても出演者の皆さんの個性も抜群でした。特に、京都の好きな人、コメデイの好きな人、奇想天外な映画の好きな人、に特におすすめです。
名無しさん(2010年1月30日) star_5
見れば見るほど引き込まれました。普通のコメディ映画と思いきや、筋もしっかりしていました。CGがふんだんに使われてますが、あまりCG映画っぽさがなく、自然な話になっていました。京都の情景などわかる方には凄く楽しめますし、京都の雰囲気が好きな方は終始楽しめる作品だと個人的には思います。原作にある鬼をどう処理するのかがこの映画の見どころだったのですが、なかなかポップでファンタジーで思ったよりほっとした。ちょうど頭の中がからっぽになっていたから良かったのかもしれません。すんなりこの変な設定に入ることができました。かっこいい役からダサい男までその風貌を大きく変えることなく演技力で魅せる山田孝之さん。最高です。

【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合も、ブックマークするなどして、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする