リンカーン弁護士

マシュー・マコノヒーの熱演に釘付け

原題:The Lincoln Lawyer
製作:アメリカ(2011年)
日本公開日:2012年7月14日
上映時間:119分
製作会社:
配給:
製作費:
興行収入:

★【評価】
Rotten Tomatoes 83%

ハードボイルド作家マイクル・コナリーの同名小説をマシュー・マコノヒー主演で映画化したサスペンス。高級車リンカーンの後部座席を事務所代わりにロサンゼルスを駆けめぐる敏腕弁護士のミック・ハラーは、女性への暴行容疑で告発された資産家の御曹司ルイス・ルーレの弁護を依頼される。無実を主張するルイスの身辺調査を進めるうちに、ミックが過去に担当した事件と今回の事件とに類似点が見つかり、そのことからミックはかつてない危機に巻き込まれていく。

★【スタッフ】
監督:ブラッド・ファーマン
脚本:ジョン・ロマーノ
撮影:ルーカス・エトリン
音楽:ジョン・C・フリッゼル

★【キャスト】
マシュー・マコノヒー、マリサ・トメイ、ライアン・フィリップ、ジョシュ・ルーカス、ジョン・レグイザモ

【無料動画】

映画『リンカーン弁護士』予告編

映画『リンカーン弁護士』予告編


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼Hulu(2週間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD4
Hulu

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

名無しさん(2016年1月7日) 
オープニングからマシュー・マコノヒーのクールさと音楽の使い方が絶妙ですんなり作品に入り込める。話が進むごとに様々な伏線やサスペンス要素が絡み合い脳をしっかり回転させないといけない奥深さもあり、良く練られている。司法制度や正義に絡むシリアスな部分とスカッとポップな部分のバランスがマシュー・マコノヒーの魅力を引き立てている。映画が終わればもう一度鑑賞しようという気分になるのでぜひハマってほしい。
シアターさん(2016年1月13日) 
映画ベスト10にランクされるぐらいのパワーは余裕である傑作だった。前半は誰かが嘘をついているという疑惑の展開からまさかの依頼人と検察、自身の信念と現実、正義と悪の板挟みになるとは…! そして、窮地に追い込まれた状態からの策略巡らす展開が予想外の面白さ。法廷サスペンス的な作品かと思いきや、金とコネをフル活用し、依頼人と駆け引きをするなど、敏腕弁護士感がよかった。仕事の流儀が次第に変化していくなかで、自己の正義と守秘義務の葛藤で悩む様が秀逸。