ブルーに生まれついて

苦悩のジャズ・トランペット奏者チェット・ベイカーの伝記ドラマ

原題:Born to Be Blue
製作:アメリカ・カナダ・イギリス(2015年)
日本公開日:2016年11月26日
上映時間:97分
製作会社:New Real Films
配給:ポニーキャニオン
製作費:
興行収入:150万ドル

★【評価】
88% Rotten Tomatoes
3.7 / 5.0 映画.com
3.67 / 5.00 Yahoo!映画
3.9 / 5.0 Filmarks

イーサン・ホークが1950年代のジャズ界で活躍したトランペット奏者でボーカリストとしても活躍したチェット・ベイカーに扮し、その半生を描いた伝記映画。黒人ミュージシャンが主流だった50年代のモダンジャズ界で、甘いマスクとソフトな歌声で女性を魅了し、一世を風靡したチェット・ベイカーだったが、やがて麻薬に溺れ、どん底の日々を送ることとなる。しかし、1人の女性との出会いにより、ベイカーは再生の道へと踏み出していく。

★【スタッフ】
監督:ロバート・バドロー
脚本:ロバート・バドロー
撮影:スティーブ・コーセンス
音楽:デビッド・ブレイド、トドール・カバコフ、スティーブ・ロンドン

★【キャスト】
イーサン・ホーク、カルメン・イジョゴ、カラム・キース・レニー

【無料動画】

「ブルーに生まれついて」予告編

「ブルーに生まれついて」予告編


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

名無しさん(2016年12月7日) 
おしゃれな音楽ドラマ映画だと思って最初は鑑賞したのです。そんな私の甘ったれた感情はなんて愚かだったのかと、観終わった後に後悔しました。チェット・ベイカーという一人のミュージシャンの呪いのような人生を切なく、そして痛々しく描いた作品だったのですね。音楽はもちろん美しいです。練習を重ねたというイーサン・ホークのトランペット演奏は実に見事に聞き惚れてしまいます。しかし、それ以上にクスリに蝕われていく姿や、取りつかれていく絶望感が画面全体に音もなく漂ってくるのが凄いです。
夢心地さん(2016年12月8日) 
ブルーに生まれついて…この邦題、ほんといいですね。50年代アメリカで一世を風靡したジャズトランペッター、チェットベイカーの生き様を描いた、愛と音楽の物語。天才ジャズトランペッターの表の顔と裏腹に、孤独とプレッシャー、ドラッグに苛まれる1人の寂しい男が描かれています。この儚い男の人間らしさがとても魅力的だし、彼の音楽にかける思いの強さに惹かれる。なによりチェットベイカーのしっとりと、甘く、切ない歌声とトランペットのメロディーが、彼の持つ青い世界観を演出してて、本当に好きでした!