あなたを抱きしめる日まで

動画『あなたを抱きしめる日まで』を無料視聴

知られざる過去と寄り添って

原題:Philomena
製作:フランス・イギリス(2013年)
日本公開日:2014年3月15日
上映時間:98分
製作会社:
配給:
製作費:
興行収入:

【評価・受賞】
 Anata wo dakishimeru hi made
(2013) on IMDb
92% Rotten Tomatoes – Philomena

【あらすじ】
「クィーン」のスティーヴン・フリアーズ監督が「ヘンダーソン夫人の贈り物」のジュディ・デンチを再び主演に迎え、18歳で未婚の母となり、幼い息子と強制的に引き離されてしまった女性の実話を基に描くヒューマン・ドラマ。その日、フィロミナは、50年間かくし続けてきた秘密を娘のジェーンに打ち明けた。それは1952年、アイルランド。10代で未婚のまま妊娠したフィロミナは家を追い出され、修道院に入れられる。そこでは同じ境遇の少女たちが、保護と引き換えにタダ働きさせられていた。フィロミナは男の子を出産、アンソニーと名付けるが、面会は1日1時間しか許されない。そして修道院は、3歳になったアンソニーを金銭と引き換えに養子に出してしまう。以来わが子のことを一瞬たりとも忘れたことのない母のために、ジェーンは元ジャーナリストのマーティンに話を持ちかける。愛する息子にひと目会いたいフィロミナと、その記事に再起をかけたマーティン、全く別の世界に住む二人の旅が始まる…。

【スタッフ】
監督:スティーヴン・フリアーズ
脚本:スティーブ・クーガン、ジェフ・ポープ

【キャスト】
ジュディ・デンチ、スティーブ・クーガン、ソフィ・ケネディ・クラーク、ミシェル・フェアリー、バーバラ・ジェフォード、メア・ウィニンガム、アンナ・マックスウェル・マーティン

【動画】


▼動画リンク▼

映画を見る】【動画を見る

airw.net(動画)
toremaga(動画)
U-NEXT
dTV
Hulu
TSUTAYATV
au-Video
【Gyao】


▼作品をより深く知る▼

【感想・批評】
町山智浩:たまむすび
 ↑アメリカ在住の映画評論家町山智浩による映画評論。
【感想・批評】

名無しさん(2016年3月4日) star_5
予想外の傑作だった。邦題がいかにも感動のヒューマン・ドラマという感じだが、実に多面的な顔を持っている映画で一概には説明できない。コメディのようにも思えるという印象を抱かせたと思いきや、次には宗教サスペンスというか、ドキュメンタリー的な現実を浮き彫りにする。と思いきや、そこまで深刻にならず、またユーモアで観客を和ませる。そしてさらにまた深淵な問いかけをして全員を考えこませる。ひとついえるのはこの映画、絶対に見て損はしない。
夢心地さん(2016年3月12日) star_5
アイルランド人の子供が教会を通してアメリカに養子として売られていた事実…知らなかった。私の無知が恥ずかしい。でも映画がその無知を責めたりはしない。これが不思議だ。映像中に何度も衝撃や考える機会が与えられるんだけど、そのひとつひとつに対していくつもの考え方を見せてくる。最後には想像を超える親子の絆が明らかになる。長年の苦しみを愛に変えたフィロメナは素晴らしい。本当の意味で神につかえて生きたのはフィロメナだったと思う。普通こんな生き方はできない。

にほんブログ村 動画紹介ブログ 映画動画へ

FC2Rank



[PR] 動画配信サービスを試してみませんか
※お試し期間中はさまざまな作品を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。

  • U-NEXT
映画配信サービス比較 U-NEXT

  • TSUTAYA DISCAS/TV
映画配信サービス比較 TSUTAYA

  • dTV
映画配信サービス比較 dTV

  • Hulu
映画配信サービス比較 Hulu


【サイト利用上の注意】
  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合も、ブックマークするなどして、コンテンツ更新をお待ちください。