RIVER(2011)

動画『RIVER(2011)』を無料視聴

原題:RIVER
製作:日本(2011年)
日本公開日:2012年3月10日
上映時間:89分
製作会社:
配給:
製作費:
興行収入:

【評価・受賞】
Rotten Tomatoes ??%
IMDb ??/10

【あらすじ】
2008年6月に起こった秋葉原無差別殺傷事件をモチーフに、大切な人を失った女性が喪失感から再生していく姿を描いたドラマ。恋人との思い出の地・秋葉原を訪れたヒロインが、さまざまな事情を抱えた人々との交流を通して再び前を向いて歩き出すまでを描く。監督は『ヴァイブレータ』の廣木隆一。深い喪失感から立ち直っていくヒロインを、『転校生 -さよなら あなた-』の蓮佛美沙子が好演。共演には『きみの友だち』の柄本時生、田口トモロヲ、中村麻美ら個性派が並ぶ。秋葉原で起こった通り魔事件で恋人の健治を失ったひかりは、家にひきこもる生活を続けていたが、優しく見守る母や再会した高校時代の同級生の助けもあり、徐々に落ち着きを取り戻していく。やがて事件が起こった秋葉原を訪れたひかりは、それぞれの事情を抱えながらも懸命に生きている人々と出会いを果たしていく。

【スタッフ】
監督:廣木隆一
脚本:吉川菜美
撮影:水口智之

【キャスト】
蓮佛美沙子、中村麻美、根岸季衣、尾高杏奈、菜葉菜、柄本時生、田口トモロヲ、小林ユウキチ、小林優斗

【動画】

映画『RIVER』予告編

映画『RIVER』予告編

【映画を見る】【動画を見る】

【toremaga(動画)】
airw.net(動画)
Video3【U-NEXT
Video4【dTV
Video5【Hulu
Video6【TSUTAYATV

【感想・批評】

名無しさん(2012年4月3日) star_5
最初のながーいカットとてもよかったです。いつまで続くのかと思いつつ、巻き込まれました。秋葉原の比較的色彩の薄いざらついた印象の街を赤いコートを着たひかりが歩いていく。人ごみに紛れようとするわけでもなく、めざす所があるようでもなく。途中で声をかけてくるカメラマンがいたりするけど、心がここにないかのような、ひかりには人さえ遠くの風景のように感じられたのでしょう。予告編とかで、この映画の主人公=ひかりが、秋葉原殺傷事件で恋人を奪われた、心の傷を負っている、ということは知っていました。しかし、その社会的に大きな注目と衝撃を与えた事件はモチーフに過ぎないと思います。この映画は、何かしらの理由や経緯で傷つき心を閉ざした人の回復の物語なのでしょう。そのストーリーの美しさに惹かれました。
名無しさん(2012年4月14日) star_5
この映画は、3・11の大震災のことも後半に盛り込まれており(もちろん当初の脚本にはなかったとのことで、この映画が3月末ごろから撮られ始めたということで)その扱い方に関しては、様々な意見があるようです。でも、私は映画を見ていて嫌な感じはしませんでした。廣木監督が福島県の生まれで当日も実家に向かっていたという話がパンフレットのプロダクションノートには載っていました。秋葉原の街のロードムービーという感じですかね。最初、ずっと歩いているシーンは、よかったです。街を歩いていて、いろんな人に出会うというパターンは好きです。いろんな人に出会って、最後は、前向きでがんばれって感じでした。

【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合も、ブックマークするなどして、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする