だいじょうぶ3組

教えてあげることがある

「五体不満足」の作者・乙武洋匡が小学校の教員を務めた経験をもとに執筆した小説「だいじょうぶ3組」を映画化。新学期を迎えた東京郊外にある松浦西小学校の5年3組に、新しい担任として電動車椅子に乗った赤尾慎之介がやってくる。生まれつき手足のない赤尾と、その補助役として赴任した白石優作は幼なじみで、小学校時代からの親友。白石は赤尾にしかできない授業を子どもたちに受けさせたいと願い、教育委員会にかけあい赤尾を教師に推薦した。2人は互いに助け合い、日々の行事や運動会、遠足など1年を通して28人の生徒たちと真正面から向き合っていく。

原題:だいじょうぶ3組 / 製作:日本(2013年) / 日本公開日:2013年3月23日 / 上映時間:118分 / 製作会社: / 配給:

★【スタッフ】
監督:廣木隆一
脚本:加藤正人
撮影:清久素延
音楽:世武裕子

★【キャスト】
国分太一、乙武洋匡、榮倉奈々、三宅弘城、安藤玉恵、渡辺真起子、木下ほうか、根岸季衣

【無料動画】

『だいじょうぶ3組』予告

『だいじょうぶ3組』予告


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

名無しさん(2016年1月3日) 
観終わって涙が止まらない。胸が熱くなる作品。乙武さんが実際に演じることにより、普段どうしても御涙頂戴が見え透いてしまうものとは違い、心から心へじっくり伝わってくるものがあった。乙武さんの、真っ直ぐに子どもたちと向き合う姿勢が実に素晴らしかったです。子どもたちと共に活動し、共に悩み、想いを共有しながらクラスがまとまっていく様子に、心が大きく揺さぶられました。映画を鑑賞した後は、ぜひ原作を読破してみるとよいと思います。
夢心地さん(2016年1月8日) 
普通とは何か? 人生でそうそう問いかけることのような疑問について、とても考えさせられる作品だったと思います。乙武さんの一つ一つの言葉がずしーっと心に来ました。人にはできること、できないことがあって当たり前でそれが個性であること、それを尊重し合う、そして助け合って生きていくことの大切さ。簡単なようだけど、実は日常ではあまり意識してないようなことかもしれません。そのことを改めて熟慮する作品でした。これは子どもでも大人でも見てほしいですね。