悪魔のいけにえ

レザーフェイスの恐怖!ホラー映画の金字塔

原題:The Texas Chain Saw Massacre
製作:アメリカ(1974年)
日本公開日:1975年2月1日
上映時間:83分
製作会社:
配給:
製作費:
興行収入:

★【あらすじ】
殺人鬼レザーフェイスの恐怖を描いたホラー映画の金字塔。監督はこれが商業映画初作品だったトビー・フーパー。アメリカのウィスコンシン州で実際に起こった残忍な殺人事件をもとに、旅行中の若者たちがテキサスの片田舎で殺人鬼に襲われる様を描いた。サリー、ジュリー、フランクリン、カーク、パムの5人組は、夏休みを利用してドライブ旅行に出かけ、その途中でヒッチハイクをしていた男を車に乗せる。しかし、男はナイフで自らを傷つけるといった行動を繰り返し、異常を感じた5人は男を車から追い出す。やがて一軒の洋館を見つけた5人は、その家に立ち寄るが…。

★【スタッフ】
監督:トビー・フーパー
脚本:キム・ヘンケル、トビー・フーパー
撮影:ダニエル・パール
音楽:トビー・フーパー、ウェイン・ベル

★【キャスト】
マリリン・バーンズ、アレン・ダンジガー、ポール・A・パーテイン、ウイリアム・べイル

【無料動画】

『悪魔のいけにえ 公開40周年記念版』予告編

『悪魔のいけにえ 公開40周年記念版』予告編


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】【フル動画を探す】

RAK1【more】
RAK2【airw.net(動画)
VOD3【U-NEXT
VOD4【dTV
VOD5【Hulu
VOD6【TSUTAYATV
VOD7【au-Video


映画動画紹介ブログ村

[PR] 動画配信サービスを試してみませんか

    ●人気急上昇中の動画配信サービス(VOD)!

  • 「見たい作品がある。または過去作や関連作を合わせて鑑賞したい。でも可能な限りお得に見たい。できればタダで…」そんなときに皆が利用しているのが動画配信サービスです。今では6人に1人が動画配信サービスを利用した経験があるという調査もあります。
  • 基本的に有料ですが、お試し期間中はさまざまな作品の映画動画を無料で視聴可能。もちろん期間内に解約すればお金はかかりません。作品の配信は場合によっては期間限定なので登録はお早めに!
    ●どの動画配信サービス(VOD)で見れるの?

  • 「動画配信サービスが便利なのはわかったけど、どの映画がどのサービスで見られるのかわからない…」そんなときは「フリムビ2」でチェックしましょう。
  • 以下に紹介されている動画配信サービスで視聴できる可能性が大。「VOD」と書かれたリンクから公式サイトに移動して実際の作品配信状況を確認しましょう。
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料お試し)
好きなタイミングで自由自在にレンタルもできる! DVDやブルーレイと同じハイ・クオリティの映像を家でのんびりチェック。
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
映画配信サービス比較 TSUTAYA
▼dTV(31日間無料お試し)
DOCOMOだから安心。原作漫画なども合わせて楽しめる! 通勤中や移動中でも通信量を気にしなくてもOK。
▽今すぐ見る ⇒ VOD4
映画配信サービス比較 dTV
▼Hulu(2週間無料お試し)
人気の日本や海外のドラマシリーズも豊富に充実! PC・スマートフォン・タブレット・テレビどの端末からでもウォッチ。
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
映画配信サービス比較 Hulu
▼ビデオマーケット(1か月無料お試し)
オフィシャルでレンタル店より早く新作映画を楽しもう! 公式のセル・レンタル同時配信をいち早く確認しよう。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Videomarket
▼Netflix(1か月無料お試し)
他にはないオリジナル作品も完備していて、世界トップクラスのラインナップ!
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Netflix
▼Amazonビデオ(30日間無料お試し)
豊富なコンテンツを4K Ultra HD画質でも再生可能!アマゾンの他のサービスも利用できてお得です。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Amazon

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

名無しさん(2017年8月14日) 
無駄に恐怖を煽るBGMに頼ることなく、細かいカット割りでごまかすようなこともなく、正攻法な演出で見せている。監督のトビー・フーパーのエンターテイメントとしての確かな力量はちゃんと存在している。ラスト、若者一行最後の生き残りの女性が逃げる。追いかける孫二人。「あとちょっとで捕まる」な30センチ位の距離の逃亡が続く。もう泣ける程怖い。長男は笑いながらヒャッホイしつつ追いかけるし、次男は楽しそうにチェーンソーを振り回しながら追いかけるし。これらのシーンが、監督の感性なのか、計算しつくされた表現なのかは解りませんが、泣ける程怖いシーンが続く。が、コメデイ要素も有るので目が話せず凝視してしまう。何もかも見事だ。
シアターさん(2017年9月2日) 
この映画を観ていない人は絶対に一度は見てほしい。ホラーの金字塔、というよりは原点に近い、紛れもない歴史的な名作なのですから。この後に続くホラーに多大な影響を与えたのは言うまでもなく、映画観客にホラーの楽しみ方を教えてくれたのもこの作品でした。ありがとう、レザーフェイス先生。いつでも来てね、待ってます。あ、私の家は最後にしていいですから。いろいろ準備があるので。

★【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合は、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする(感想コメントはこちらまで)

フォローする(最新更新情報をチェック)