王様とボク

動画『王様とボク』を無料視聴

原題:王様とボク
製作:日本(2012年)
日本公開日:2012年9月22日
上映時間:84分
製作会社:
配給:
製作費:
興行収入:

【評価・受賞】
Rotten Tomatoes ??%

【あらすじ】
やまだないとの同名コミックを「ブタがいた教室」の前田哲監督が実写映画化した青春ドラマ。恋人キエと初めて結ばれた18歳の誕生日の夜、ミキヒコは子どもの頃に事故にあって以来眠り続けているモリオのことを思い出す。そんなある日、モリオが長い眠りから目を覚ますが、心は事故にあった6歳のときのままだった。着実に大人になっていく自分に戸惑いを感じていたミキヒコは、モリオの姿を通して自由気ままだった子ども時代に思いをはせる。

【スタッフ】
監督:前田哲
脚本:やまだないと、前田哲
撮影:板倉陽子
音楽:吉岡聖治

【キャスト】
菅田将暉、松坂桃李、相葉裕樹、二階堂ふみ、中河内雅貴

【動画】

映画『王様とボク』予告

映画『王様とボク』予告


▼動画リンク▼

【映画を見る】【動画を見る】

【toremaga(動画)】
airw.net(動画)
U-NEXT
dTV
Hulu
TSUTAYATV


にほんブログ村 動画紹介ブログ 映画動画へ

[PR] 動画配信サービスを試してみませんか
お試し期間中はさまざまな作品を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。作品の配信は期間限定なので登録はお早めに!

▼作品をより深く知る▼

【感想・批評】

名無しさん(2016年1月9日) star_5
今振り返ればなんてそうそうたるメンバーなんだ。年が変われば豪華キャスト!と宣伝文句がつけられるレベルの俳優陣である。主演の菅田将暉など、今や引っ張りだこの人気スターなのに。そしてこの時点からその才能の片鱗をうかがわせる実力の双葉がちょこっと顔をのぞかせている。演技自体は初々しいし、青臭いが、それでも芯には熱い情熱とほとばしるパワーが秘められている。こうやって少しずつその芽がエネルギーを吸収して成長していったのだと思うと、感慨深い。こういう映画はそんな開花する前の芽吹きを観察できるので、そういう楽しみ方も良いと思う。
シアターさん(2016年1月12日) star_5
どこか不自然にズレているキャラクター。中身は6歳のままの18歳。大人になりたい子供、大人になりたくない若者、子供に戻りたい大人。しかし、そんなアンバランスは誰でも抱えているものであり、その投影として、本作のストーリーは構成されているのだろう。映画全体を通して、その2人の葛藤、特にミキヒコの葛藤がよくあらわれている演出だった。人はいつから大人で、いつまでが子供なのだろうか、その間に自分自身が深く沈んでいく、そんな映画でした。意味が分からなくてもその宙ぶらりんな時代は誰もが経験したことだろう。

【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合も、ブックマークするなどして、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする