淵に立つ

その男は家族を揺さぶり、そして破壊する

原題:淵に立つ
製作:日本・フランス(2016年)
日本公開日:2016年10月8日
上映時間:119分
製作会社:Comme des Cinémas、名古屋テレビ放送
配給:エレファントハウス
製作費:
興行収入:

★【評価】
映画.com 3.6 / 5.0
Yahoo!映画 3.50 / 5.00
Filmarks 4.0 / 5.0

第69回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門で審査員賞を受賞。

★【あらすじ】
カンヌ国際映画祭「ある視点」部門で審査員賞を受賞した、謎の男によって家族の平穏が乱されていくドラマ。下町で小さな金属加工工場を営みながら平穏な暮らしを送っていた夫婦とその娘の前に、夫の昔の知人である前科者の男が現われる。奇妙な共同生活を送りはじめる彼らだったが、やがて男は残酷な爪痕を残して姿を消す。8年後、夫婦は皮肉な巡り合わせから男の消息をつかむ。しかし、そのことによって夫婦が互いに心の奥底に抱えてきた秘密があぶり出されていく。

★【スタッフ】
監督:深田晃司(関連作品:『さようなら』)
脚本:深田晃司
撮影:根岸憲一
音楽:小野川浩幸

★【キャスト】
浅野忠信、筒井真理子、古舘寛治、太賀、篠川桃音、三浦貴大

【無料動画】

「淵に立つ」予告編

「淵に立つ」予告編

(C)2016映画「淵に立つ」製作委員会/COMME DES CINEMA


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】【フル動画を探す】

RAK1【more】
RAK2【airw.net(動画)
VOD3【U-NEXT
VOD4【dTV
VOD5【Hulu
VOD6【TSUTAYATV
VOD7【au-Video


映画動画紹介ブログ村

[PR] 動画配信サービスを試してみませんか

    ●人気急上昇中の動画配信サービス(VOD)!

  • 「見たい作品がある。または過去作や関連作を合わせて鑑賞したい。でも可能な限りお得に見たい。できればタダで…」そんなときに皆が利用しているのが動画配信サービスです。今では6人に1人が動画配信サービスを利用した経験があるという調査もあります。
  • 基本的に有料ですが、お試し期間中はさまざまな作品の映画動画を無料で視聴可能。もちろん期間内に解約すればお金はかかりません。作品の配信は場合によっては期間限定なので登録はお早めに!
    ●どの動画配信サービス(VOD)で見れるの?

  • 「動画配信サービスが便利なのはわかったけど、どの映画がどのサービスで見られるのかわからない…」そんなときは「フリムビ2」でチェックしましょう。
  • 以下に紹介されている動画配信サービスで視聴できる可能性が大。「VOD」と書かれたリンクから公式サイトに移動して実際の作品配信状況を確認しましょう。
▼U-NEXT(31日間無料お試し)
関連作や原作をオンラインでたっぷり楽しみ、作品をさらに満喫! ダウンロード視聴すれば、ネット環境の弱い場所でも気軽に鑑賞!
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
映画配信サービス比較 U-NEXT
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料お試し)
好きなタイミングで自由自在にレンタルもできる! DVDやブルーレイと同じハイ・クオリティの映像を家でのんびりチェック。
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
映画配信サービス比較 TSUTAYA
▼dTV(31日間無料お試し)
DOCOMOだから安心。原作漫画なども合わせて楽しめる! 通勤中や移動中でも通信量を気にしなくてもOK。
▽今すぐ見る ⇒ VOD4
映画配信サービス比較 dTV
▼auビデオパス(30日間無料お試し)
話題の映画・ドラマ・アニメが大量に見放題! 540円相当のビデオコインもゲットできます。
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
映画配信サービス比較 Au
▼ビデオマーケット(1か月無料お試し)
オフィシャルでレンタル店より早く新作映画を楽しもう! 公式のセル・レンタル同時配信をいち早く確認しよう。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Videomarket
▼Netflix(1か月無料お試し)
他にはないオリジナル作品も完備していて、世界トップクラスのラインナップ!
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Netflix
▼Amazonビデオ(30日間無料お試し)
豊富なコンテンツを4K Ultra HD画質でも再生可能!アマゾンの他のサービスも利用できてお得です。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Amazon

▼作品をより深く知る▼

★【インタビュー】
・浅野忠信「最初にミーティングをして、例えばリハーサルはちゃんとやりたいとか、いろいろと好き勝手言わせて頂いたんですが、深田監督はそういうことを全部きちんと受け止めて対応してくれた」

★【雑学(トリビア)】
・英題は「Harmonium」で、ハーモニー(調和)を連想させる言葉でもあり、不調和を描くこの映画にふさわしいと判断したためだという。

★【感想・批評】

●名無しさん(2016年10月24日) 
個人的に2016年の邦画のなかではベストです。ズシンとくる傑作でした。後味は最悪なのですが、そこがまたいいのです。家族が崩壊するときは一瞬なのか。日本の家族のある種の儚さを描いた意欲作であり、海外からの評価も納得です。
●名無しさん(2016年10月29日) 
なんだろう、このゾクゾクする不気味さは…。観終わった後にいろいろな感情が渦巻いて残り続けます。浅野忠信の演技がまた怖すぎる。異星人かのような異質さと不気味さ。これはもっと評価されるべきです。

★【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合は、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする(感想コメントはこちらまで)

フォローする(最新更新情報をチェック)