ラ・ラ・ランド

動画『ラ・ラ・ランド』を無料視聴

世界が心を躍らせた!アカデミー賞で多数を受賞!

原題:La La Land
製作:アメリカ(2016年)
日本公開日:2017年2月24日
上映時間:128分
製作会社:Black Label Media、Gilbert Films
配給:ギャガ、ポニーキャニオン
製作費:3000万ドル
興行収入:3億3900万ドル

【評価・受賞】
 La La Land
(2016) on IMDb
96% Rotten Tomatoes – La La Land

第89回アカデミー賞で監督賞、主演女優賞、美術賞、撮影賞、作曲賞、歌曲賞を受賞。
第74回ゴールデングローブ賞で最優秀作品賞(コメディ/ミュージカル)、最優秀主演男優賞(コメディ/ミュージカル)、最優秀主演女優賞(コメディ/ミュージカル)、最優秀監督賞、最優秀脚本賞、最優秀作曲賞、最優秀主題歌賞を受賞。
第73回ベネチア国際映画祭でボルピ杯(最優秀女優賞)を受賞。

フリムビ2の独自評価では「95点」です!

【あらすじ】
デイミアン・チャゼル監督が、ライアン・ゴズリング&エマ・ストーン主演で描いた本格ミュージカル映画。売れない女優とジャズピアニストの恋を、往年の名作ミュージカル映画を彷彿させるゴージャスでロマンチックな歌とダンスで描く。夢を追いかける人が集まる街、ロサンゼルス。オーディションに落ちて意気消沈していた女優志望のミアは、ピアノの音色に誘われて入ったジャズバーで、ピアニストのセバスチャンと最悪な出会いをする。その後、ミアは偶然にも、プールサイドで不機嫌そうに80年代ポップスを演奏するセバスチャンと再会を果たす。初めての会話でぶつかりあうミアとセバスチャンだったが、互いの才能に惹かれ合ううちに恋に落ちていく。しかし、そんな二人の関係にも不協和音が…。

【スタッフ】
監督:デイミアン・チャゼル(関連作品:『セッション』)
脚本:デイミアン・チャゼル
撮影:リヌス・サンドグレン
音楽:ジャスティン・ハーウィッツ

【キャスト】
ライアン・ゴズリング、エマ・ストーン、キャリー・ヘルナンデス、J・K・シモンズ、ジェシカ・ローゼンバーグ、ソノヤ・ミズノ、ローズマリー・デウィット、フィン・ウィットロック

【動画】



▼動画リンク▼

映画を見る】【動画を見る

airw.net(動画)
toremaga(動画)
U-NEXT
dTV
Hulu
TSUTAYATV
au-Video
Vidoza】【Fmovies


▼作品をより深く知る▼

【インタビュー】
・ライアン・ゴズリング「ピアノのシーンはすべて自分で弾いたよ。デイミアンが3か月のリハーサル期間を設けてくれて、僕のピアノレッスンは週5~6日だった。1日最低2時間のレッスンを3か月間続けたんだ。でもそれ以外にも、ヒマがあるときは常に練習したね」

【雑学(トリビア)】
・第89回アカデミー賞ではアカデミー史上最多14ノミネートという快挙を遂げた。これは1997年の『タイタニック』に並ぶ記録である。
・第89回アカデミー賞の作品賞発表で『ラ・ラ・ランド』が受賞と始めに発表されたが、ミスとわかりすぐに訂正された(実際の作品賞受賞は『ムーンライト』)。

【感想・批評】
宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン(公式クラウド)
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸による痛快な映画評論。

名無しさん(2017年2月24日) star_5
なにより肝心のミュージカルは楽しいものもあれば、切ないものもあって、最高。とくにエピローグは一気に物語の渦に飲み込まれました!
シアターさん(2017年2月27日) star_5
オープニングから全開される「ラ・ラ・ランド」のどこか現世から浮き上がった世界観が独創的。愉快なだけじゃない、夢の切実さが響いてきます。

にほんブログ村 動画紹介ブログ 映画動画へ

FC2Rank



[PR] 動画配信サービスを試してみませんか
※お試し期間中はさまざまな作品を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。

  • U-NEXT
映画配信サービス比較 U-NEXT

  • TSUTAYA DISCAS/TV
映画配信サービス比較 TSUTAYA

  • dTV
映画配信サービス比較 dTV

  • Hulu
映画配信サービス比較 Hulu


【サイト利用上の注意】
  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合も、ブックマークするなどして、コンテンツ更新をお待ちください。