ジュリエッタ

動画『ジュリエッタ』を無料視聴

原題:Julieta
製作:スペイン(2016年)
日本公開日:2016年11月5日
上映時間:99分
製作会社:エル・デセオ
配給:ブロードメディア・スタジオ
製作費:
興行収入:2080万ドル

★【評価】
Rotten Tomatoes 77%
映画.com 3.6 / 5.0
Yahoo!映画 3.70 / 5.00
Filmarks 3.7 / 5.0

スペインの名匠ペドロ・アルモドバル監督が、カナダのノーベル賞作家アリス・マンローの小説を原作に、孤独な女性が母親として、娘、そして自分と向き合う姿を描く。スペインのマドリードでひとり暮らすジュリエッタは、偶然再会した知人から「あなたの娘を見かけた」と告げられ、衝撃を受ける。12年前に理由も語らずにジュリエッタの前から突然姿を消したひとり娘のアンティアを抱きしめたいという、母親としての激しい思いに駆られたジュリエッタは、封印していた過去と向き合い、居場所すらわからない娘に宛てて日記を書き始める。

★【スタッフ】
監督:ペドロ・アルモドバル(関連作品:『アイム・ソー・エキサイテッド!』)
脚本:ペドロ・アルモドバル
撮影:ジャン=クロード・ラリュー
音楽:アルベルト・イグレシアス

★【キャスト】
エマ・スアレス、アドリアーナ・ウガルテ、ダニエル・グラゴ、インマ・クエスタ、ダリオ・グランディネッティ

【無料動画】

映画『ジュリエッタ』予告編

映画『ジュリエッタ』予告編


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket
dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼auビデオパス(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
AuVideo

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

名無しさん(2016年12月14日) 
オープニングから監督の色彩センスがとんでもない勢いでほとばしる! とにかくこの映画は色で物語を語る。カラーがキャラクターの心情を代弁し、内なる声を叫ぶのである。オシャレなデザインや美しい風景などは、十分に魅力的。しかし、単なる綺麗で終わらせないのがこの監督の腕である。ただ漫然と見ているだけでは、なんとなくドラマが過ぎ去り、あまり印象に残らず終わってしまう可能性が高い。ぜひ色に注目しながら、目をきょろきょろ動かして鑑賞してほしい。
シアターさん(2016年12月16日) 
マドリードで独り暮らししている中年女性ジュリエッタが抱えていた秘密。彼女の娘は12年前に突然姿を消し、そのまま連絡も途絶えたまま。そこから、ジュリエッタと亡くなった夫、その間に生まれた娘との記憶を追う回想シーンが動き出す。通常のアルモドバル作品よりも屋外の描写が多く、解放感がある。一方で、アルモドバル作品に必ず見られる時間の巻き戻しや早送りのテロップが無い。かなりの意欲作なのか、はたまた気まぐれか。ラストの気持ちよさは見事である。