92歳のパリジェンヌ

動画『92歳のパリジェンヌ』を無料視聴

原題:La derniere lecon
製作:フランス(2015年)
日本公開日:2016年10月29日
上映時間:106分
製作会社:
配給:
製作費:
興行収入:

【評価・受賞】
Rotten Tomatoes ??%

【あらすじ】
リオネル・ジョスパン元フランス首相の母の人生を、娘で作家のノエル・シャトレが綴った小説「最期の教え」を原案に、自分の美学を貫き、人生を終える決意をした1人の女性とその家族の姿を描く。かつては助産婦として働き、子どもや孫にも恵まれて、現在は穏やかな老後を過ごしているマドレーヌ。まだまだ元気な彼女だったが、数年前から書き記している「一人でできなくなったことリスト」の項目が増えていることが気がかりだった。そして92歳の誕生日、マドレーヌは「2カ月後の10月17日に私は逝きます」と宣言し、祝いに集まった家族たちは耳を疑うが、それは周囲に迷惑をかける前に人生に幕を下ろしたいという、マドレーヌの揺らぐことのない強い意志だった。

【スタッフ】
監督:パスカル・プザドゥー
脚本:パスカル・プザドゥー、ロラン・ドゥ・バルティーヤ
音楽:エリック・ヌブー

【キャスト】
サンドリーヌ・ボネール、マルト・ビラロンガ

【動画】


▼動画リンク▼

映画を見る】【動画を見る

airw.net(動画)
toremaga(動画)
U-NEXT
dTV
Hulu
TSUTAYATV


▼作品をより深く知る▼

【感想・批評】

名無しさん(2016年11月15日) star_5
「どう生きるか」という問いかけは「どう死ぬか」という問いかけと等しい。この作品は、マドレーヌという一人の女性が選んだ死に方を軸にして、それを家族、そして大切な人がどう受け止めていくかという物語です。尊厳死は長年議論されてきた問題ですが、今後医療が更に発達し、高寿命化してくれば、益々どれだけ生きられるかということと同じくらい、いつまで命を保つか、あるいはいつ命を終えるかという問題は重要になってくるはずです。この映画はドキュメンタリーではなく、問題提起なのだと感じました。
シアターさん(2016年11月19日) star_5
実話なのか。最終的には母の気持ちに寄り添い理解しようと奮闘する娘と最後まで母を理解できないしたくない息子を対照的に描いていたのもリアリティがあったが納得。自分がマドレーヌだったら、その家族だったらどうするだろう…とずっと考えながら観た。まだ答えがすんなり出ないけど、マドレーヌの気持ちはすごく理解できる。まだまだ元気に見える親や家族が、もし尊厳死を望んだら、わたしにそれを尊重できるだろうかと、考えながら視聴してしまう。

にほんブログ村 動画紹介ブログ 映画動画へ

FC2Rank



[PR] 動画配信サービスを試してみませんか
※お試し期間中はさまざまな作品を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。

  • U-NEXT
映画配信サービス比較 U-NEXT

  • TSUTAYA DISCAS/TV
映画配信サービス比較 TSUTAYA

  • dTV
映画配信サービス比較 dTV

  • Hulu
映画配信サービス比較 Hulu


【サイト利用上の注意】
  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合も、ブックマークするなどして、コンテンツ更新をお待ちください。