きっと ここが帰る場所

動画『きっと ここが帰る場所』を無料視聴

原題:This Must Be the Place
製作:イタリア・フランス・アイルランド(2011年)
日本公開日:2012年6月30日
上映時間:118分
製作会社:
配給:
製作費:
興行収入:

★【評価】
65% Rotten Tomatoes

★【あらすじ】
名優ショーン・ペンが引きこもりのロックシンガーに扮し、亡き父の思いをたどってアメリカ横断の旅に出る姿を描くドラマ。人気絶頂の最中に表舞台を去り、アイルランド・ダブリンの広大な邸宅で穏やかな日々を過ごしていたロックスターのシャイアンのもとに、故郷アメリカから30年以上も会っていない父親が危篤との報せが届く。飛行機嫌いなシャイアンは船でニューヨークに戻るが臨終には間に合わず、ユダヤ人だった父が元ナチス親衛隊の男を探していたことを知ると、父にかわって男を探す旅に出る。

★【スタッフ】
監督:パオロ・ソレンティーノ
脚本:パオロ・ソレンティーノ、ウンベルト・コンタレッロ
撮影:ルカ・ビガッツィ
音楽:デビッド・バーン、ウィル・オールダム

★【キャスト】
ショーン・ペン、フランシス・マクドーマンド、ジャド・ハーシュ

【無料動画】

ショーン・ペン主演映画『きっと ここが帰る場所』予告編映像

ショーン・ペン主演映画『きっと ここが帰る場所』予告編映像


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】【フル動画を探す】

【more】
airw.net(動画)
U-NEXT
dTV
Hulu
TSUTAYATV
【Gyao】


映画動画紹介ブログ村

[PR] 動画配信サービスを試してみませんか

    ●人気急上昇中の動画配信サービス(VOD)!

  • 「見たい作品がある。または過去作や関連作を合わせて鑑賞したい。でも可能な限りお得に見たい。できればタダで…」そんなときに皆が利用しているのが動画配信サービスです。今では6人に1人が動画配信サービスを利用した経験があるという調査もあります。
  • 基本的に有料ですが、お試し期間中はさまざまな作品の映画動画を無料で視聴可能。もちろん期間内に解約すればお金はかかりません。作品の配信は場合によっては期間限定なので登録はお早めに!
    ●どの動画配信サービス(VOD)で見れるの?

  • 「動画配信サービスが便利なのはわかったけど、どの映画がどのサービスで見られるのかわからない…」そんなときは「フリムビ2」でチェックしましょう。
  • 以下に紹介されている動画配信サービスで視聴できる可能性が大。「VOD」と書かれたリンクから公式サイトに移動して実際の作品配信状況を確認しましょう。
▼U-NEXT(31日間無料お試し)
関連作や原作をオンラインでたっぷり楽しみ、作品をさらに満喫! ダウンロード視聴すれば、ネット環境の弱い場所でも気軽に鑑賞!
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
映画配信サービス比較 U-NEXT
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料お試し)
好きなタイミングで自由自在にレンタルもできる! DVDやブルーレイと同じハイ・クオリティの映像を家でのんびりチェック。
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
映画配信サービス比較 TSUTAYA
▼ビデオマーケット(1か月無料お試し)
オフィシャルでレンタル店より早く新作映画を楽しもう! 公式のセル・レンタル同時配信をいち早く確認しよう。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Videomarket
▼Amazonビデオ(30日間無料お試し)
豊富なコンテンツを4K Ultra HD画質でも再生可能!アマゾンの他のサービスも利用できてお得です。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Amazon

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

名無しさん(2015年10月6日) 
イタリアの新鋭パオロ・ソレンティーノ監督はフレッシュさもありつつ、これまでの名監督の雰囲気も漂わすユニークな才能を見せてくれた。主演のショーン・ペンは奇抜な美メイクで、引きこもり的なロック・スターを演じ、見事に惹き込む芸達者ぶりは必見。縁を切った父親の死に目に逢うためにアイルランドから米国へのロード・ムービー。行く先々で出会う人々とのエピソードと会話がインプレッシブで、大人に成り切れてない自分に向き合う様が心に響き、ラストでの最高の笑顔には完全にやられる。
シアターさん(2015年11月12日) 
ショーン・ペンがカンヌ国際映画祭で審査員長を務めた時に、審査員賞を受賞したパオロ・ソレンティーノ監督とタッグを組み、第64回カンヌ国際映画祭エキュメニカル審査員賞を受賞した作品です。ロックスタイルに拘るショーン・ペンが旅に出る。「人生の問題とは自分が変わってしまうことだ。希望を語る年齢はいつしかあきらめを語るようになる」。映画タイトルにもなっているトーキング・ヘッズの名曲「THIS MUST BE THE PLACE」を少年が唄うシーンは絶対に見てほしい。

★【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合は、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする(感想コメントはこちらまで)

フォローする(最新更新情報をチェック)