少年は残酷な弓を射る

動画『少年は残酷な弓を射る』を無料視聴

原題:We Need to Talk About Kevin
製作:イギリス(2011年)
日本公開日:2012年6月30日
上映時間:112分
製作会社:
配給:
製作費:
興行収入:

★【評価】
76% Rotten Tomatoes

リン・ラムジー監督が、強い悪意と執着心を抱く息子とその母親の関係を緊張感たっぷりに描いた人間ドラマ。自由奔放に生きてきた作家のエバは子どもを授かったことでキャリアを捨て、母親として生きる道を選ぶ。生まれた息子はケビンと名づけられるが、幼い頃からエバに懐くことはなく、反抗を繰り返していく。やがて美しい少年へと成長したケビンは反抗心をますます強めていき、それがある事件の引き金となる。

★【スタッフ】
監督:リン・ラムジー
脚本:リン・ラムジー、ローリー・スチュワート・キニア
撮影:シーマス・マッガーベイ
音楽:ジョニー・グリーンウッド

★【キャスト】
ティルダ・スウィントン、ジョン・C・ライリー、エズラ・ミラー

【無料動画】

映画『少年は残酷な弓を射る』予告編

映画『少年は残酷な弓を射る』予告編


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

名無しさん(2016年2月16日) 
なぜこんなにも不安になっていくのだろう。残酷と官能が、嫌悪すれすれのところで圧倒的な美と融合している事実。映像が綺麗なだけじゃなくてテーマ性がドンピシャにハマっている。役者も最高だ。ひたすらエズラミラーが美しく、惹き込まれる。こんな役をやっていたなんて、その後の彼の躍進ぶりからは想像もつかない。ティルダ・スウィントンもとても素晴らしい。題名通りに、少年は残酷な弓を射る。別にケヴィンの残酷な行動だけがメインではない。それは愛の物語だった。
シアターさん(2016年2月17日) 
めちゃくちゃ賛否わかれそうな作品だけど、私は好き。断固、支持したい。ストーリーはもうタイトルそのまんまです。少年が残酷な弓を射るんですよ! 主人公のエヴァという人をティルダウィンストンが演じてますが、これ以上ない程の不幸感ですよね。特に表情!常に口を半開きにして、あまり瞬きせず一点を力無く見つめるあの感じ、凄いですよ。ここまでの環境は滅多にないかもだけど、現代社会が抱える育児のあまり表面では語れない闇の部分が上手く表現されていると感じます。