パリ3区の遺産相続人

動画『パリ3区の遺産相続人』を無料視聴

原題:My Old Lady
製作:イギリス・フランス・アメリカ(2014年)
日本公開日:2015年11月14日
上映時間:107分
製作会社:
配給:
製作費:
興行収入:

★【評価】
59% Rotten Tomatoes

父のアパートを相続した男と、そのアパートに住み続ける老婦人の出会いを通し、家族の秘密が明らかとなるヒューマンストーリー。ニューヨークに住む一文無しのマティアスは父親から相続した高級アパートを売却し、その金で人生のやり直そうとパリへとやって来た。しかし、そのアパートには見知らぬ90歳の老婦人マティルドが娘のクロエとともに住んでいた。マティルドと父が交わした契約は、住宅ローンの代わりに売主に毎月年金を払う「ヴィアジェ」という独特な売買システムで、ある一枚の写真をきっかけに、マティルドと父親の関係が徐々に明らかとなるが…。

★【スタッフ】
監督:イスラエル・ホロビッツ
脚本:イスラエル・ホロビッツ
撮影:ミシェル・アマチュー
音楽:マーク・オートン

★【キャスト】
ケビン・クライン、クリスティン・スコット・トーマス、マギー・スミス、ステファーヌ・フレス

【無料動画】

映画『パリ3区の遺産相続人』予告編

映画『パリ3区の遺産相続人』予告編


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

名無しさん(2016年1月11日) 
ヴィアジェという不動産売買システムから始まる物語に惹かれて見ましたが、意外と重い展開、そして意外と爽やかなラスト。序盤はとにかくダメな中年なケヴィン・クラインをどんどん投入して見せつけられるんですけどね、これ中盤から物語がガラッと変わって重みを増していきます。フランス伝統の不動産売買制度「ヴィアジェ」。アパルトマンや持ち家などの物件を相続する人がいない独り身の老人が、売却後もそこに住む権利が与えられるというもの。これを知れるだけでもトリビア的でためになる。
シアターさん(2016年1月25日) 
父親が亡くなり、パリにあるアパートを相続したため、それを売却して借金を返そうと、ニューヨークからパリにやって来た主人公マティアス。しかし、フランスの不動産売買制度「ヴィアジェ」によって、アパートに住む老婦人マティルドが亡くなるまで、アパートを売ることはできない縛りが発生し、さらに年金を彼女に支払い続けなければならないことが判明し…。こんな制度があるとは。こんなもの日本じゃ絶対に成り立たない気がする。フランスも大変だなと他人事のように思いました。