ミッシング ID

自分の人生が偽りだったと知ったとき、どうするか?

原題:Abduction
製作:アメリカ(2011年)
日本公開日:2012年6月1日
上映時間:106分
製作会社:Vertigo Entertainment
配給:ギャガ
製作費:3500万ドル
興行収入:8200万ドル

★【評価】
4% Rotten Tomatoes

★【あらすじ】
ハリウッド次世代スターと評されるテイラー・ロートナーと、ハリウッドの成長株として注目を浴びているリリー・コリンズが共演して贈る、偽りの自分の存在をめぐる予測不可能サスペンス。ごく普通の高校生ネイサンは、たまたま見た失踪者サイトに載せられた1枚の写真が幼いころの自分であることに気づく。状況が全く飲み込めず、混乱するが、現在の家族やこれまでの人生はすべて偽りだったことをに衝撃を受ける。しかし、人生が大きく揺らいでるネイサンの周囲で不穏な影がちらつきはじめ、さらなる混乱が彼を襲うことに…。

★【スタッフ】
監督:ジョン・シングルトン
脚本:ショーン・クリステンセン
撮影:ピーター・メンジース・Jr.
音楽:エドワード・シェアマー

★【キャスト】
テイラー・ロートナー、リリー・コリンズ、アルフレッド・モリーナ、ジェイソン・アイザックス、マリア・ベロ、シガニー・ウィーバー、デンゼル・ウィテカー、アントニーク・スミス

【無料動画】

『ミッシング ID』予告編

『ミッシング ID』予告編


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】【フル動画を探す】

RAK1【toremaga(動画)】
RAK2【airw.net(動画)
VOD3【U-NEXT
VOD4【dTV
VOD5【Hulu
VOD6【TSUTAYATV
VOD7【au-Video
VOD8【Gyao】


映画動画紹介ブログ村

[PR] 動画配信サービスを試してみませんか
お試し期間中はさまざまな作品を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。作品の配信は期間限定なので登録はお早めに!
▼U-NEXT(31日間無料お試し)
関連作や原作をオンラインでたっぷり楽しみ、作品をさらに満喫! ダウンロード視聴すれば、ネット環境の弱い場所でも気軽に鑑賞!
▽今すぐ見る
映画配信サービス比較 U-NEXT
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料お試し)
好きなタイミングで自由自在にレンタルもできる! DVDやブルーレイと同じハイ・クオリティの映像を家でのんびりチェック。
▽今すぐ見る
映画配信サービス比較 TSUTAYA
▼dTV(31日間無料お試し)
DOCOMOだから安心。原作漫画なども合わせて楽しめる! 通勤中や移動中でも通信量を気にしなくてもOK。
▽今すぐ見る
映画配信サービス比較 dTV
▼ビデオマーケット(1か月無料お試し)
オフィシャルでレンタル店より早く新作映画を楽しもう! 公式のセル・レンタル同時配信をいち早く確認しよう。
▽今すぐ見る
映画配信サービス比較 Videomarket
▼Netflix(1か月無料お試し)
他にはないオリジナル作品も完備していて、世界トップクラスのラインナップ!
▽今すぐ見る
映画配信サービス比較 Netflix
▼Amazonビデオ(30日間無料お試し)
豊富なコンテンツを4K Ultra HD画質でも再生可能!アマゾンの他のサービスも利用できてお得です。
▽今すぐ見る
映画配信サービス比較 Amazon

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

映画フリー (2012年7月23日) star_5
其処まで魅力ではないけど、アクションシーンがアップカメラブラシ演出が無い分気持ち良く見られるのがうれしい。少し活発過ぎる普通の高校男子の日常、それが突如一変。アメリカ映画のお母さん役で見かける人が、多分工作員らしい侵入者に回し蹴り。菊池桃子が皿洗いしてる様な場面で、強盗と行き成り格闘するような衝撃から怒涛の変化が次々起きてしまう。逃走劇ですね。あんなに細かった少年が、数年でこんなに筋肉質な体になるなんて!
SPACEMOV (2012年7月26日) star_5
予備知識ゼロで観たら面白かった。凄腕スパイ同士の戦いで、相手の弱みを握るために高校生の息子を手に入れるという基本ラインがちょっと陳腐だが、前半の「自分はいったい誰なんだ?」的なサスペンスとCIAと敵の情報入手スピードなどは、先が見たい欲求に駆られ引き込まれた。が、すぐに真相はわかり、後半はフツーの展開に。でも観て損はない。十分に楽しめます。アクションシーンもカッコよかったです。単純明快なサスペンスはクールでした。
DAILYMOTION (2016年2月21日) star_5
「トワイライト」シリーズで大ブレイクし、一躍、時の人となった若手俳優テイラー・ロートナー。この後は順調な映画キャリアを歩んでいくのかと思ったが、あまり映画出演はなく、この「ミッシングID」が数少ない見せ場になってしまった。ネイティブ・アメリカンの血も継いでいるというし、人種的な多様性を兼ね備えた俳優なのだから、活躍の場はありそうなのに、残念。逆にリリー・コリンズは確実に出演を重ねており、差がついてしまったと思う。

★【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合も、ブックマークするなどして、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする

フォローする(最新更新情報をチェック)