マシンガン・プリーチャー

マシンガン・プリーチャー
動画『マシンガン・プリーチャー』を無料視聴

正義のためなら方法を問うだろうか

原題:Machine Gun Preacher
製作:アメリカ(2011年)
日本公開日:2012年2月4日
上映時間:129分
製作会社:Apparatus、Safady Entertainment
配給:日活
製作費:
興行収入:

★【評価】
Rotten Tomatoes 29%

マーク・フォースター監督が、アフリカの紛争地で少年兵を救う活動に従事する実在のアメリカ人活動家サム・チルダースの姿を描いたドラマ。麻薬とアルコールに溺れる生活を送っていたサムは、ある事件をきっかけに改心し、アフリカ各地で内戦に巻き込まれている子どもたちのために教会と孤児院を建設することを決意。LRA(神の抵抗軍)の執拗な攻撃を受け、やむなく銃をとったサムは、その姿から「マシンガン・プリーチャー(銃をもった天使)」と呼ばれるようになる。

★【スタッフ】
監督:マーク・フォースター(関連作品:『007 慰めの報酬』)
脚本:ジェイソン・ケラー
撮影:ロベルト・シェイファー
音楽:アッシュ&スペンサー

★【キャスト(キャラクター)】
ジェラルド・バトラー(サム・チルダース)、ミシェル・モナハン(リン・チルダース)、マイケル・シャノン(ドニー)、キャシー・ベイカー(デイジー)、スレイマン・スイ・サバネ(デン)、マデリーン・キャロル(ペイジ)、リーヴィス・グレアム(クラウス牧師)

【無料動画】

映画『マシンガン・プリーチャー』予告編

映画『マシンガン・プリーチャー』予告編


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV
VOD9【Gyao】


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼Hulu(2週間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD4
Hulu

▼作品をより深く知る▼

★【受賞】
第69回ゴールデングローブ賞で主題歌賞にノミネート。

★【感想・批評】

映画フリー (2016年1月2日) 
「目には目を」という言葉があるけれど、それを実行することは相当なリスクがあることは少しでも考えればわかること。それでもその思想に基づいて負の連鎖に加担してしまうことは、人間の業でしかない。スーダンの子ども達の為に戦う牧師の実話を描いた本作はそんな人間の闇を浮き彫りにする。この行動自体がよくある自分の正義感に酔いしれるアメリカそのものを象徴しているのは言うまでもない。この作品はシニカルに社会を風刺しているのだ。
OPENLOAD (2016年1月5日) 
アクション映画ではありません。社会派映画やノンフィクションが好きな方にはオススメです。色々考えさせられる系ともいえます。もしあなたの家族が誘拐された時、私が助け出すといった時に、あなたはその手段を問うだろうか?というような話が最後出てきますが、その答えこそが本作の示す問題提起といえるでしょうね。暴力には暴力で…その結果が招く未来はやはり暴力で。それはまるで銃弾が連射されるマシンガンのように止まらないのです。
SPACEMOV (2016年1月28日) 
期間限定で無料で見られましたが、これは鑑賞できてラッキーな作品でした。約190万人が死亡したスーダン内戦。社会派ドラマかつ歴史ドラマでもあるこの映画は、シリアスで論争的な議題を投げかける。サム・チルダース本人の「自分の採っている手段が正しいとは思わない」という言葉は重い。それでもそれくらいしかできない。それは無能なのか、それとも有能なのか、その判断は人によって違うのだろう。憎しみの連鎖でしか救えないのは切ない。